トップページ > 市民交流施設高田公園オーレンプラザ > 歴史講演会「武士道と日本人 高田藩のあった時代」

歴史講演会「武士道と日本人 高田藩のあった時代」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月13日更新

高田公園オーレンプラザ開館1周年記念事業
歴史講演会「武士道と日本人 高田藩のあった時代」

高田公園オーレンプラザの開館1周年を記念し、東京大学史料編纂所教授の山本博文氏を迎え、「武士道と日本人 高田藩のあった時代」をテーマに、講演をいただきます。

チラシ [PDFファイル/3.8MB]

山本博文(やまもと ひろふみ)氏プロフィール

山本博文氏写真

1957年、岡山県津山市生まれ。東京大学史料編纂所教授。東京大学文学部国史学科卒業。東京大学史料編纂所助手、助教授を経て現職。東京大学大学院学際情報学府兼担。専門は日本近世史。豊臣政権期・江戸時代初期の政治史、武士論のほか、日本史のとらえ方を研究している。1991年、「幕藩制の成立と近世の国制」で文学博士の学位を授与。1992年、「江戸お留守居役の日記」(読売新聞社)で第40回日本エッセイストクラブ賞受賞。著書に「参勤交代」(講談社現代新書)、「切腹」(光文社新書)、「「忠臣蔵」の決算書」(新潮新書)、「赤穂事件と四十六士」(吉川弘文館)、「歴史をつかむ技法」(新潮新書)、「武士道の名著」(中公新書)、「流れをつかむ日本の歴史」(KADOKAWA)など著書多数。NHK Eテレ「知恵泉」、「ラジオ深夜便」などテレビやラジオに数多く出演。

日時

平成30年10月26日(金曜日)午後6時30分開演、午後8時終了予定

定員

600人(申し込み順)

入場料

無料、全席自由

申込方法

窓口に直接お越しいただくか、電話、ファックス、メールのいずれかで、氏名電話番号参加人数をオーレンプラザへ連絡してください。

メールの場合は件名を「歴史講演会申し込み」としてください。