トップページ > 上越市の文化財 > 越後国分寺境内

越後国分寺境内

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

越後国分寺境内(画像)
(市指定、史跡)

  • 名称:越後国分寺境内
  • (名称ふりがな)エチゴコクブンジケイダイ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

現在、五智にある国分寺は、上杉謙信によって再興されたと伝えられています。寺地は移転しても、由緒の継承など何らかの関係のあったことが推測されるため、境内は史跡として市の文化財に指定されています。

国分寺は、謙信による再興の後、上杉氏に替わって領主となった堀氏によって再び荒廃してしまいますが、高田城が築城された慶長頃、俊海(しゅんかい)によって天台宗として再び復興され、今にいたっています。

境内は土塁に囲まれており、謙信が国分寺を再興する前は、豪族の館であったとする説もあります。