トップページ > 上越市の文化財 > 国分寺経蔵 附棟札1枚

国分寺経蔵 附棟札1枚

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

国分寺経蔵 附棟札1枚(画像)
(市指定、建造物)

  • 名称:国分寺経蔵 附棟札1枚
  • (名称ふりがな)コクブンジキョウゾウ ツケタリムナフダ1マイ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

五智国分寺は元禄5年(1562年)に、上杉謙信が現在地に再興したと伝えられています。

この経蔵は棟札によって、元禄6年(1693年)に上棟されたことが分かっており、現存する国分寺堂舎の中で一番古く、建築年代の特定できる市内最古の建物です。棟礼には棟梁や大工などの名前も記されており、当時の国分寺再建を考える上でも貴重な建築です。

附指定(棟礼 1枚)