トップページ > 上越市の文化財 > 伝親鸞聖人坐像

伝親鸞聖人坐像

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

伝親鸞聖人坐像(画像)
(市指定、彫刻)

  • 名称:伝親鸞聖人坐像
  • (名称ふりがな)デンシンランショウニンザゾウ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

承元元年(1207年)、越後に配流になった親鸞が草庵を営んでいたのが五智国分寺と伝えられています。同寺に伝わる江戸時代の絵図には、親鸞堂が見えますが、本像の伝来については分かりません。ただ、寛政10年(1798年)に親鸞像が江戸へ出開帳されている記録があるので、少なくともこの時期には伝来していたと考えられます。

この像に「伝」とつく理由は、定形化された親鸞像とは異なり、合掌する姿も他に例がないためです。