トップページ > 上越市の文化財 > 木造大日如来坐像

木造大日如来坐像

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月29日更新

木造大日如来坐像(画像)
(国指定、彫刻)

  • 名称:木造大日如来坐像
  • (名称ふりがな)モクゾウダイニチニョライザゾウ
  • 地区:旧上越市

微証・伝来

国分寺奥の院の岩殿山大日堂に安置されています。智拳印(ちけんいん)を結ぶ金剛界大日如来です。頭部と体部は一木から造り、膝の前の部分と両手は別に造って寄せ、当初は漆箔だったと考えられています。細くしまった腰や横に広くて薄い膝張り、全体的に穏やかな容姿など、平安時代後期(12世紀後半)の特色が見られます。