トップページ > 上越市ふるさと暮らし支援センター > 「中山間地域支え隊」平成28年度第2回活動報告
移住をお考えの方へ
移住をサポートします
体験イベント・ツアー
体験施設
空き家紹介・現地紹介・空き家の管理
分譲地
就職・転職をお考えの方へ
起業をお考えの方へ
農業を始めたい方へ
地域おこし協力隊・集落づくり推進員
子育て情報
小学校・中学校・高等学校
定住を支援します
ひとり親家庭の方へ
移住者の声
その他

「中山間地域支え隊」平成28年度第2回活動報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月19日更新

 6月12日(日曜日)に牧区棚広集落で、今年度第2回目の「中山間地域支え隊」の活動が行われました。
 今回、「中山間地域支え隊」として活動していただいたのは、上越信用金庫の3名、上越市職員組合3名の計6名の皆さん。
 牧区棚広集落内の用水路の畔及び法面等の草刈作業として、棚広用水路約6kmの畔及び法面の草刈や用水路内のごみ等の除去作業を支援しました。

 参加した皆さんからは、

  • 用水路管理の困難さと高齢化による人手不足の深刻さがよく理解できた。
  • コメ作りの大変さが実地に体験できてよかった。
  • 農地を維持して行こうとする地元の熱意を、作業を通じて実感できた。

との感想をいただきました。

 集落の皆さんからは、

  • 若い人たちのボランティア参加に心から感謝したい。
  • 農作業の一環である草刈作業を通じ、農業の大切さを知って頂けてよかった。
  • これを契機に農業に新たな目を向けてもらい、また街場との交流の機会となって行けば集落の活性化にもつながると思う。

といった声がありました。