トップページ > 上越市ふるさと暮らし支援センター > 「中山間地域支え隊」平成28年度第5回活動報告
移住をお考えの方へ
移住をサポートします
体験イベント・ツアー
体験施設
空き家紹介・現地紹介・空き家の管理
分譲地
就職・転職をお考えの方へ
起業をお考えの方へ
農業を始めたい方へ
地域おこし協力隊・集落づくり推進員
子育て情報
小学校・中学校・高等学校
定住を支援します
ひとり親家庭の方へ
移住者の声
その他

「中山間地域支え隊」平成28年度第5回活動報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月12日更新

 11月5日(土曜日)に柿崎区東横山集落で、今年度第5回目の「中山間地域支え隊」の活動が行われました。
 今回、「中山間地域支え隊」として活動していただいたのは、JAえちご上越の皆さん。エミリオ地域おこし協力隊員も参加し、柿崎区東横山集落のイノシシ対策の電気柵の取り外し作業をお手伝いしました。

 東横山の集落協定代表の山岸さんから作業の説明を受け、中山間地域支え隊によるボランティア3人、地元集落13人、柿崎を食べる会2人の合計18人が、集落全域を加工電気柵の支柱やコード線の取り外し作業を行いました。当日は、秋晴れの下順調に効率よく作業が進み、例年より早く終了しました。

 集落の皆さんからは、「東横山集落は高齢化が進み、電気柵の設置、取り外しには労力がかかり苦労している状況から、昨年から中山間地域支え隊の支援をもらい今年もお願いした。大変感謝している。来年もぜひ設置、取り外し作業に協力をお願いしたい。」との声をいただきました。

 参加したボランティアの皆さんからは、「集落の皆さんの苦労が実感できた。今回の作業を通じて交流ができて楽しくお手伝いすることができた。今後も協力要請があれば参加したい。」との声をいただきました。

 市では、集落外の力も借りながら地域の維持・活性化が図れるよう、今回をきっかけとして、支え隊の皆さんと泉集落の交流の継続を支援することにしています。

東横山集落 作業説明の様子(写真)東横山 作業風景その1(写真)東横山集落 作業風景その2(写真)東横山集落 作業風景その3(写真)東横山集落 休憩風景(写真)