トップページ > 上越市ふるさと暮らし支援センター > 「中山間地域支え隊」平成28年度第7回活動報告
移住をお考えの方へ
移住をサポートします
体験イベント・ツアー
体験施設
空き家紹介・現地紹介・空き家の管理
分譲地
就職・転職をお考えの方へ
起業をお考えの方へ
農業を始めたい方へ
地域おこし協力隊・集落づくり推進員
子育て情報
小学校・中学校・高等学校
定住を支援します
ひとり親家庭の方へ
移住者の声
その他

「中山間地域支え隊」平成28年度第7回活動報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年1月18日更新

 1月8日(日曜日)に吉川区川谷集落で、今年度第7回目の「中山間地域支え隊」の活動が行われました。
 今回、「中山間地域支え隊」として活動していただいたのは、上越市職員労働組合「地域助っ人隊」の皆さん。
 吉川区川谷集落の「川谷冬祭り」の開催をお手伝いしました。

当日の活動内容

  • 午前9時 さいの神の制作のお手伝い
    今年は暖冬のため積雪がなく、グラウンドに穴を掘り、10m超えのさいの神を製作しました。川谷地区約20軒のうち事情により6軒が欠席となったので、男手が不足しており、支え隊は非常に貴重な戦力となりました。
  • 午前11時 餅つき及び会食
    3臼の餅つきのうち、1臼目を地元の人たちが3人つきという珍しいつき方をし、2臼目を支え隊3人が3人つきでつき上げ、雑煮ときな粉餅として振る舞われました。会食時も支え隊が積極的に地元の人たちや里帰りしてきた人たちなどと交流していました。
  • 午後1時 レクリエーション
    例年グラウンドで行われている雪上ゲームですが、積雪がないため、分館体育館において行われました。鈴割りや宝さがし、じゃんけん大会が行われ、支え隊がスタッフやプレーヤーとして参加しました。
  • 午後2時
    年男、年女によりさいの神に火が移されました。支え隊は振舞い酒やスルメ焼きなどの協力を行いました。

地元の皆さんの感想

  • 鴫谷実行委員長
    今年は事情により6軒が欠席となり、どうなる事かと思っていたけれど、皆さんからご協力いただいて賑やかな冬祭りにすることができた。本当にありがとうございました。
  • 曽根もより会会長
    支え隊の皆さんは進んで仕事をしてくださり、餅つきや昼食会、レクリェーションも盛り上げていただいた。来年も是非お手伝いいただきたい。

さいの神作成の様子(写真)さいの神制作後の支え隊集合写真支え隊による餅つきの様子(写真)さいの神点火前の全員の集合写真