トップページ > 上越市ふるさと暮らし支援センター > 中山間地域支え隊 平成29年度第3回活動報告
移住をお考えの方へ
移住をサポートします
体験イベント・ツアー
体験施設
空き家紹介・現地紹介・空き家の管理
分譲地
就職・転職をお考えの方へ
起業をお考えの方へ
農業を始めたい方へ
地域おこし協力隊・集落づくり推進員
子育て情報
小学校・中学校・高等学校
定住を支援します
ひとり親家庭の方へ
移住者の声
その他

中山間地域支え隊 平成29年度第3回活動報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月23日更新

中山間地域支え隊 平成29年度第3回活動の様子(組み写真)

日時

平成29年6月18日(日曜日)午前8時30分~午後2時

活動内容

圃場でのイノシシ対策用電気柵の設置作業

活動場所

柿崎区猿毛集落、上中山集落

派遣先

猿毛町内会、上中山町内会

協力者

  • えちご上越農業協同組合 3人
  • 建築中村 1人
  • 上越市職員労働組合(地域助っ人隊) 2人

感想

協力者の声

  • 毎年、電気柵の設置・撤去をしている柿崎区の中山間地域の厳しい実態を、参加したことによって実感できた。
  • 作業終了後の昼食で、集落の女性たちが手作りしたおにぎりと、イノシシ肉の入った味噌汁をいただき、作業の疲れが癒された。電気柵の撤去作業にも協力したいと思う。
  • 作業は大変だったが、作業後の懇親会にも加えていただき、温かく接してもらった。またこの地区の活動に参加したい。

地元の声

  • 集落は高齢化が進み、電気柵の設置・撤去は年々大変な作業となっている中、大勢の中山間地域支え隊の皆さんから来ていただき大いに助かった。
  • 計画どおりに作業が進まず、申し訳なく思っているが、これに懲りずに撤去作業にも来てほしい。