トップページ > 上越市ふるさと暮らし支援センター > 中山間地域支え隊 平成30年度第11回活動報告
移住をお考えの方へ
移住をサポートします
体験イベント・ツアー
体験施設
空き家紹介・現地紹介・空き家の管理
分譲地
就職・転職をお考えの方へ
起業をお考えの方へ
農業を始めたい方へ
地域おこし協力隊・集落づくり推進員
子育て情報
小学校・中学校・高等学校
定住を支援します
ひとり親家庭の方へ
移住者の声
その他

中山間地域支え隊 平成30年度第11回活動報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月4日更新

中山間地域支え隊 平成30年度第11回活動の様子(組写真)

日時

平成30年11月18日(日曜日)午前8時30分~午後2時

活動内容

イノシシ対策用電気柵の撤去
(上中山・猿毛集落の住民及び集落出身者の計35人と中山間地域支え隊4人が、支柱を抜く作業とコード線の巻き取り作業を行い、作業終了後、おにぎりとイノシシ汁を食す慰労会を実施)

活動場所

柿崎区上中山・猿毛集落の圃場

協力者

直江津産業株式会社 4人

感想

協力者の声

  • イノシシ対策用電気柵撤去作業を初めて体験し、大変な作業だと感じた。
  • 集落と集落出身者の皆さんが一緒になって中山間地域を守っている姿を見て感動した。
  • 撤去作業も大変だが、設置作業はもっと大変な作業なんだろうなと思うので、来年は設置作業にも参加してみたい。

地元の声

  • 中山間地域支え隊の皆さんから応援してもらい、また、天候にも恵まれ作業も順調に終えることができて大変感謝している。
  • 集落は高齢化と少子化が進み、年々農作業もままならない状況が生まれてきているので、今日は大変助かりました。ぜひ来年の設置・撤去作業にも応援をお願いしたい。