トップページ > 上越市ふるさと暮らし支援センター > 中山間地域支え隊 平成30年度第7回活動報告
移住をお考えの方へ
移住をサポートします
体験イベント・ツアー
体験施設
空き家紹介・現地紹介・空き家の管理
分譲地
就職・転職をお考えの方へ
起業をお考えの方へ
農業を始めたい方へ
地域おこし協力隊・集落づくり推進員
子育て情報
小学校・中学校・高等学校
定住を支援します
ひとり親家庭の方へ
移住者の声
その他

中山間地域支え隊 平成30年度第7回活動報告

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年9月4日更新

中山間地域支え隊 平成30年度第7回活動の様子(組写真)

日時

平成30年8月5日(日曜日)午後0時30分~午後4時

活動内容

猿毛集落で行われる「川遊び」の運営補助
(柿崎区猿毛集落の方と共に、子どもたちの安全確保の見回りやニジマスの塩焼き、テントの撤収作業などを実施)

活動場所

猿毛ふれあいセンター周辺(柿崎区猿毛)

派遣先

柿崎区猿毛集落

協力者

えちご上越農業協同組合 2人
建築中村 1人

感想

協力者の声

  • 3年連続で参加した。暑くて大変な作業だったが、スムーズにお手伝いができてよかった。
  • こうしたイベントを計画しているスタッフと集落の皆さんに敬意を表したい。特に、子どもたちの無邪気な様子を見ると、暑さも忘れます。来年もぜひ実施していただきたい。

地元の声

  • 毎年暑い時期のイベントで、高齢化が進む集落ではニジマスの塩焼きが一番きつい作業。その作業を中山間地域支え隊の皆さんから手伝っていただいたおかげで、今年も無事イベントを実施することができたので、大変感謝しています。また、伝統あるイベントなので子どもたちに喜んでもらえるよう継続して開催していきたい。