トップページ > 上越市ふるさと暮らし支援センター > 下牧地区「いなか体験ハウス」(柿崎区 旧下牧地区集落開発センター)
移住をお考えの方へ
移住をサポートします
体験イベント・ツアー
体験施設
空き家紹介・現地紹介・空き家の管理
分譲地
就職・転職をお考えの方へ
起業をお考えの方へ
農業を始めたい方へ
地域おこし協力隊・集落づくり推進員
子育て情報
小学校・中学校・高等学校
定住を支援します
ひとり親家庭の方へ
移住者の声
その他

下牧地区「いなか体験ハウス」(柿崎区 旧下牧地区集落開発センター)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月1日更新

 平成27年8月に柿崎区下牧地区に「いなか体験ハウス」が誕生しました。
 この施設は、外部から移住者を受入れ、集落を活性化することを目的としており、下牧・平沢・水野集落で組織される「米山山麓ファン倶楽部」が管理、運営を行っています。
 また、移住者受入れに向け、様々な体験メニューが用意されています。移住に興味のある方、足を運んでみてはいかがでしょうか。

いなか体験ハウスの外観写真「いなか体験ハウス」の外観

米山山麓ファン倶楽部の方々の集合写真米山山麓ファン倶楽部の会員と下牧・平沢・水野集落の方々

「いなか体験ハウス」は四季を間近で感じることができ、その風景は、壮大で且つ絶景です。

春の風景写真 (春)田んぼや周りの景色

夏の写真(夏)夕日に映える水田

秋の風景の写真(秋)うっすら雪化粧した妙高山系

冬の風景の写真(冬)雪化粧した周辺の様子

所在地

 上越市柿崎区下牧566-1

設備

 ホール24畳、和室8畳(エアコン、テレビ有)、台所、ユニットバス、水洗トイレ、洗濯機、冷蔵庫、電子レンジ、ガスコンロ、炊飯器、調理器具

広いホールの様子(写真)ホール

和室の様子(写真)和室

ユニットバスの様子(写真)ユニットバス 

台所の様子(写真)台所

貸出品

 食器類

料金

 1日1人 1,500円 (料金に含まれるもの:水道料金・ガス光熱費・火災保険料)

 ただし、複数人(家族やグループ)での利用や、長期間利用の際はご相談ください。

体験可能なメニュー

 田植え、稲刈り、野菜の収穫作業、そば打ち体験、笹だんご作り、雪堀りなど

アクセス

電車の場合

  • 東京~ (上越新幹線) ~長岡~ (信越本線) ~柿崎下車
    (電車で約3時間15分、駅から車で約15分)
  • 東京~ (上越新幹線) ~越後湯沢~ (ほくほく線) ~くびき下車
    (電車で約2時間50分、駅から車で約25分)

車の場合

  • 練馬~ (関越自動車道) ~長岡~(北陸自動車道)~柿崎
    (柿崎インターチェンジまで約3時間30分、そこから約15分)

 地図を見る(Googleマップ・外部リンク)

その他

 移動手段として、自家用車が必要です。

問合せ先

 〒949-3371 上越市柿崎区下牧572 中村 和彦
 電話:080-5474-7124、ファックス:025-536-5429
 メールアドレス:kakizakiwotaberukai@live.jp (迷惑メール防止のため、「@」を全角にしています。メール送信時は「@」を半角にしてください)