トップページ > 上越市議会 > 自治基本条例の検証

自治基本条例の検証

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月10日更新

 上越市は平成20年に、市の基本的な理念やルールを定めた最高規範「上越市自治基本条例」を制定しました。
 条例は5年ごとに、社会情勢等の変化に照らし、定期的な見直しを行わなければならないと定めており、議会では市長からの検証依頼を受け、主に総務常任委員会において検証作業を行いました。 

検証の経過(最新のものから)

条例を一部改正(平成25年9月30日)

条例を一部改正しました。

パブリックコメントの結果を公表(平成25年9月29日~10月28日)

パブリックコメントを実施(平成25年8月16日~9月14日)

 市長からの回答を受け、議会は7月16日に各派代表者会議を開催して協議した結果、出資法人等に関する規定を追加する条例改正案を議会として提案することとし、提案に先立ちパブリックコメントを実施することとしました。

市長から回答(平成25年6月4日)

 議会の検証結果に対する市長の考え方が示され、議会が条例改正を要すると報告した条文について条例改正は必要ないとされました。

市長に報告(平成25年3月28日)

 検証結果を議長から市長に報告しました。

参考資料

検証を開始(平成24年12月11日)

 市長から検証依頼を受けたため、総務常任委員会において検証を開始しました。