ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越科学館ホーム

「平成29年は酉(とり)年」 上越科学館で「鳥」を見よう

上越科学館には、鳥類関係の展示が2か所にあります。

一つは、Aゾーン「人類の進化」で展示されている「始祖鳥」です。ドイツのゾルンホーフェン石板石層から発見された化石のレプリカですが、細部まで忠実に型取りされている素晴らしい標本です。

始祖鳥

あと一つは、Gゾーン「生命の進化と環境」で吠えまくっているティラノです。

ティラノ

実は今、私たちの周りにいる鳥類は、かつての恐竜の子孫と考えられています。このことから、研究者は現在の鳥類を「鳥類型恐竜」と呼んでいます。(トピックス:恐竜の化石から性別が判明

これからすると、恐竜は「恐竜型鳥類」とでも呼べばよいのかも。

干支にちなみ、ぜひ「鳥」を見にきてください。職員一同、皆さまのご来館をお待ちしています。

上越科学館とリージョンプラザ上越のイベント情報 (月間)

上越科学館とリージョンプラザ上越は同じ敷地にあり、連絡通路でつながっています。(入口や駐車場も共用しています)
リージョンプラザ上越はプールやスケートリンク(アイスアリーナ : 季節営業)、大型体育館(インドアスタジアム)、コンサートホールなどを備えた複合施設です。

イラスト:リージョンプラザ上越と上越科学館の全景

館内のご案内

上越科学館は 9つのゾーンに分かれており、「人間の科学」と「雪の科学」をテーマとした展示となっています。
「みて、ふれて、たしかめて」 体験しながら、楽しんでいただけます。

  • Aゾーン   人類の進化
  • Bゾーン   生命のふしぎ
  • Cゾーン   からだのしくみ
  • Dゾーン   健康に生きる
  • Eゾーン   くらし・環境・エネルギー
  • Fゾーン   雪のサイエンス
  • Gゾーン   生命の進化と環境
  • Hゾーン   チルドレンパーク
  • Iゾーン    サイエンスプレイパーク

その他、館内には低温実験室や教養資料室があり、 科学関連の本や図鑑 、いろいろな分野の科学と偉大な科学者について学べるビデオアーカイブ、蝶の羽などを実際に観察できる実体顕微鏡を備えています。

常設展示、低温実験室や教養資料室については 常設展示のご案内 をご覧ください。

館内の設備については 館内のサービス をご覧ください。