ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

上越科学館ホーム

夏期特別展画像

2017夏期特別展「カラクリ人形と、とびだす絵本のワンダーランド ようこそ、アナログワールドへ」開催

今年の夏期特別展は、「カラクリ人形と、とびだす絵本」が大集合。
歯車などが組み合わさった仕掛けの構造や、動きが分かる大型展示物「機構の壁」は県内初登場です。

テレビ、動画サイトで話題になった「書き時計」は、1日限定で作者が来館して実演トークショーを行いました。                       
ワークショップ「からくりおもちゃのクラフトをつくろう」(事前申し込み)の開催もあります。

特別講演「からくりおもちゃの魅力について」

  • 開催日時:8月5日(土曜日)午前11時30分~午後12時

現代玩具博物館の橋爪宏治館長が展示作品の魅力を語ります。

からくりおもちゃのクラフトをつくろう

  • 開催日時:8月5日(土曜日)、6日(日曜日)午前10時30分~午前11時

現代玩具博物館の橋爪宏治館長の指導でひもを引くと手足が動く人形を作ります。

詳しくは、夏期特別展チラシ表 [PDFファイル/483KB]夏期特別展チラシ裏 [PDFファイル/821KB]をご覧ください。

夏期特別展チラシ表 夏期特別展チラシ裏

開催期間

7月15日(土曜日)~8月27日(日曜日)夏期特別展期間中は無休。(ただし7月18日(火曜日)、24日(月曜日)は休館)

午前9時~午後6時(入館は午後5時30分まで)

 夏期特別展入館料

  • 大人700円(団体520円)
  • 小・中学生300円(団体220円)
  • 団体料金(20人以上)以外の割引は実施しておりません。

 特別展「雪の結晶のふしぎ」サイエンスショー

 イラスト:タイトル「雪の結晶のふしぎ」

雪はどのようにしてできるのでしょうか。また、どのようにして降ってくるのでしょう。

7月25日から8月31日までの間、雪のできかたや降るしくみを紹介するパネル展示を常設します。
期間中の日曜日を中心に雪の結晶やダイヤモンドダストなどをご覧いただけるサイエンスショーも行います。

サイエンスショー実施日(予定)

次の日程で実施予定です。なお、都合により休止する場合があります。

  • 7月30日(日曜日)
  • 8月6日(日曜日)~15日(火曜日)の毎日、20日(日曜日)、27日(日曜日)

上記実施日の1日2回、次の時間にショーを行います。(所要時間約25分)

  • 午後1時~
  • 午後2時30分~    

詳しくは、特別展「雪の結晶のふしぎ」のご案内をご覧ください。

標本相談室

  標本相談室開催の様子(写真)


標本作りのまとめにぜひご利用ください

この夏、標本作りをされている皆さん。
せっかく集めたのに図鑑などで調べても種類が特定できない。また、レポートをうまくまとめられないということはありませんか。

8月19日(土曜日)、科学館では専門家の先生が名前調べをお手伝い(同定)します。また、標本のまとめ方についてもアドバイスを行います。
おもに植物標本を対象にしていますが、昆虫なども受け付けます。

会場には各種植物図鑑も用意していますので、ぜひご利用ください。

種類によっては、お預かりの上、後日回答させていただく場合もありますので、ご了承ください。

開催日時

8月19日(土曜日)  午前9時~午後5時まで(受付は午後4時30分まで)

  • 時間の事前予約などはできません。上記受付時間中に直接ご来館ください 。

相談室会場

科学館1階教養資料室(リージョンプラザ連絡通路から科学館入口を入ってすぐ左側)

対象者

主に小学生・中学生を対象としています。(小学校1年~3年生は保護者同伴)

入館料など

無料。相談者の方は相談室まで無料で入館できます。
(相談目的でご来館の場合に限ります。館内を観覧される場合は別に入館料が必要となります)

お願い

  • あらかじめ図鑑などで種類を調べ、お持ちください 。
  • 不完全な標本は種の同定が困難な場合があります。ご了承ください。

「平成29年は酉(とり)年」 上越科学館で「鳥」を見よう

上越科学館には、鳥類関係の展示が2か所にあります。

一つは、Aゾーン「人類の進化」で展示されている「始祖鳥」です。ドイツのゾルンホーフェン石板石層から発見された化石のレプリカですが、細部まで忠実に型取りされている素晴らしい標本です。

始祖鳥

あと一つは、Gゾーン「生命の進化と環境」で吠えまくっているティラノです。

ティラノ

実は今、私たちの周りにいる鳥類は、かつての恐竜の子孫と考えられています。このことから、研究者は現在の鳥類を「鳥類型恐竜」と呼んでいます。(トピックス:恐竜の化石から性別が判明

これからすると、恐竜は「恐竜型鳥類」とでも呼べばよいのかも。

干支にちなみ、ぜひ「鳥」を見にきてください。職員一同、皆さまのご来館をお待ちしています。

上越科学館とリージョンプラザ上越のイベント情報 (月間)

 8月イベント情報 8月イベント情報 [PDFファイル/444KB]

上越科学館とリージョンプラザ上越は同じ敷地にあり、連絡通路でつながっています。(入口や駐車場も共用しています)
リージョンプラザ上越はプールやスケートリンク(アイスアリーナ : 季節営業)、大型体育館(インドアスタジアム)、コンサートホールなどを備えた複合施設です。

イラスト:リージョンプラザ上越と上越科学館の全景

館内のご案内

上越科学館は 9つのゾーンに分かれており、「人間の科学」と「雪の科学」をテーマとした展示となっています。
「みて、ふれて、たしかめて」 体験しながら、楽しんでいただけます。

  • Aゾーン   人類の進化
  • Bゾーン   生命のふしぎ
  • Cゾーン   からだのしくみ
  • Dゾーン   健康に生きる
  • Eゾーン   くらし・環境・エネルギー
  • Fゾーン   雪のサイエンス
  • Gゾーン   生命の進化と環境
  • Hゾーン   チルドレンパーク
  • Iゾーン    サイエンスプレイパーク

その他、館内には低温実験室や教養資料室があり、 科学関連の本や図鑑 、いろいろな分野の科学と偉大な科学者について学べるビデオアーカイブ、蝶の羽などを実際に観察できる実体顕微鏡を備えています。

常設展示、低温実験室や教養資料室については 常設展示のご案内 をご覧ください。

館内の設備については 館内のサービス をご覧ください。