ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 上越科学館 > 第二展示室リニューアルオープン

第二展示室リニューアルオープン

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年4月2日更新

 イメージ写真:Eゾーンリニューアル

Eゾーン全面リニューアルオープン

展示更新工事のため公開を休止していた第二展示室が、3月29日(土曜日)にオープンしました。
今回の更新工事ではEゾーンを全面リニューアル。ゾーンタイトルを「くらし・環境・エネルギー」に改め、環境とエネルギーについて体験型の展示物や実験コーナーなどを通して学習できる場所に全面リニューアルいたしました。
平成25年3月に先行オープンしたGゾーン「生命の進化と環境」は、この展示とリンクするもので、今回の完成によりエネルギー資源の成り立ちや地球環境について総合的に学習できる施設となりました。
楽しみながら環境について学ぶことのできる、新たな展示をぜひご観覧ください。

また、Gゾーンには新たに化石など(草食恐竜ディプロドクスの大腿骨や大きなアンモナイトの実物化石、ティラノサウルスの頭骨レプリカ)を展示品として追加いたしました。
ディプロドクスの大腿骨や大きなアンモナイトは、直接手で触ることができます。化石の大きさ、質感は、写真では伝わりません。ぜひ触ってみてください。

写真:ティラノサウルス頭骨レプリカ 正面 写真:ティラノサウルス頭骨レプリカ 横

写真:ディプロドクス大腿骨の実物化石。触ってみることができます。 写真:大きなアンモナイト化石の実物。触ってみることができます。

ごあいさつ

上越市は上越科学館を「環境エネルギー学習施設」として位置付け、これまで整備を進めてまいりました。この整備にあたっては、関係各方面から多大なご尽力をいただきました。
特に次の3社には特別のご尽力をいただきました。深く感謝申し上げます。

 国際石油開発帝石株式会社      中部電力株式会社     東北電力株式会社  (掲載は五十音順とさせていただきました)

お力添えにより、私たちが住む大切な地球の環境、産業や生活に欠かすことができないエネルギーについて、さまざまなことを学べるすばらしい環境エネルギー学習施設が完成いたしました。改めて感謝申し上げます。