金谷山公園

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年11月26日更新
日本スキー発祥の地金谷山公園日本スキー発祥の地金谷山公園の様子 

金谷山は、明治44年(1911年)、オーストリア・ハンガリー帝国(当時)の軍人、テオドール・フォン・レルヒ少佐によって、日本にはじめてスキー術が伝えられたスキー場です。

「大日本スキー発祥之地」記念碑、日本スキー発祥記念館のほか、レルヒ少佐の銅像が高だかとそびえ、多くのスキーヤーに親しまれています。毎年、2月中旬頃に、レルヒ少佐の功績を顕彰する「レルヒ祭」を、この金谷山スキー場内で行っています。

また、山頂からの眺望も良く、高田平野の彼方には秀峰米山、はるか遠い日本海の波間には夢の佐渡ヶ島を望むことができます。冬のスキーはもちろん、春から秋のハイキング、BMXコース、そしてスーパーボブスレーと四季を通じて、子供から大人まで広く親しまれています。  

日本スキー発祥の地 上越市

「大日本スキー発祥之地」記念碑(写真)  レルヒ少佐に関することや、日本スキーについてご紹介します。

  日本スキー発祥の地 上越市

レルヒ少佐とは

レルヒ少佐(写真:小熊 和助氏 撮影)

  日本にはじめてスキー術を伝えたレルヒ少佐についてご紹介します。

  上越偉人探訪・レルヒ少佐

  レルヒ少佐と、旧陸軍13師団長・長岡外史についてはこちらをご覧ください。

  この人ありて、日本にスキー伝わる レルヒ少佐
(小熊 和助氏 撮影) 

レジャー

スーパーボブスレー

ボブスレー(写真)  白旗山山頂からグラウンドまでの延長450mのコースを、自分でスピードをコントロールしながら滑降するエキサイティングなスポーツ。
  自然の地形(標高73.8m、平均斜11.5度)を最大級に生かしています。
  山頂のスタート地点まではリフト利用やコース沿いの遊歩道で登ることができます。

  スーパーボブスレー

BMXコース(バイシクルモトクロス)

BMXコース(写真)   国際大会が可能な全長370mのコースを専用自転車(レンタルあり)で走るスポーツ。
  トップライダーからビギナーまでが楽しめるBMXレースの発信基地です。

  BMXコース(バイシクルモトクロス)

上越市金谷山スキー場

金谷山スキー場(写真)  日本スキー発祥の地として歴史あるスキー場です。最大斜度27度のコースもあり、緩急に富んでいるため、
  初心者から上級者まで幅広く親しまれています。

  上越市金谷山スキー場

日本スキー発祥記念館

日本スキー発祥記念館(写真)  当時のスキー板やスキーに関する様々な文献、レルヒ少佐の遺族から寄贈された手記など、
  貴重な品々を展示しています。

  日本スキー発祥記念館

レルヒ祭について

レルヒ祭(一本杖スキー)(写真)  毎年、2月中旬頃、レルヒ少佐の功績を顕彰する「レルヒ祭」が金谷山スキー場にて開催されています。

  レルヒ祭について(上越観光ネット)(外部リンク)

豆知識

レルヒ祭や金谷山に関連した情報をご紹介します。

もっと知ろう レルヒ祭 (豆知識)

レルヒさん

 レルヒさん(イラスト)

  新潟県のキャラクター 日本元祖スキー漢(おとこ) レルヒさん。

  日本初のスキーを教え、長野、北海道にも伝えた実在の偉人、レルヒ少佐(テオドール・フォン・レルヒ)  が、
  日本のスキー発祥100周年をきっかけに、「日本元祖スキー漢(おとこ)」として、帰ってきました。

  幸せのウコン色に身を包み、日本最大(主に態度)の身長およそ2700mm(気候により変動)という一度見たら忘れられない凛々しい風貌で、
  おもしろそうなところには、季節を問わず出没しています。

ホームページ

レルヒさんの詳細や、出没スケジュールなどは下記をご覧ください。

日本元祖スキー漢(おとこ) レルヒさん  オフィシャルサイト(外部リンク)