トップページ > 広報上越 > 広報上越(2017年10月1日発行 No.1044)特集は故郷の偉人「坂口謹一郎博士生誕120年」

広報上越(2017年10月1日発行 No.1044)特集は故郷の偉人「坂口謹一郎博士生誕120年」

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月1日更新

 坂口謹一郎博士の生誕120年を記念し、「博士って、どんな人」をキーワードに顕彰活動をしている皆さんに博士にまつわる話をお聞きし、応用微生物学の礎を築いた研究者と、雪椿を愛し、和歌や陶磁器を趣味とする文化人としての教養を兼ね備えた博士の人柄や功績を紹介します。

表紙および2~3ページ、13ページでは、4月に美しい花を咲かせてくれた雪椿をメインに、頸城区の坂口記念館をご案内していますので、皆さんもぜひ訪れてみませんか。

今回の特集は、読みやすいように、通常の広報よりも文字を「大きく」、行間も「広め」に取りました。 

ウェブブックで見る

2017年10月1日号発行 No.1044 表紙(写真) 2017年10月1日号発行 No.1044全ページ[ウェブブック] 

見開きで見る

ページで見る

Webで見る

「広報上越(2017年10月1日発行 No.1044)Web版」 から、巻頭ページ等をWebページ(html形式)でもご覧いただけます。