トップページ > 広報上越 > 広報上越(2018年2月1日発行 No.1051) 巻頭は「大型獣から生命・農作物を守るために」

広報上越(2018年2月1日発行 No.1051) 巻頭は「大型獣から生命・農作物を守るために」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月1日更新

 表紙は雪国ならではの冬を楽しむスキー教室に参加した中学生を紹介。ちなみに巻頭で紹介している猟友会の皆さんもまさに冬が狩猟シーズン。

 巻頭は、近年私たちが住む地域でも出没が増え、農作物被害や人身被害をもたらしているクマやイノシシなどの大型獣にスポットを当てました。

 2~3ページでは、大型獣の調査と被害対策に取り組む大学の先生から、市内に生息する大型獣の被害の現状と対策について聞きました。

 4~5ページでは、大型獣の捕獲に取り組む猟友会の皆さんの活動内容や、電気柵を導入して中山間地の農作物を守る集落の取り組みを紹介しています。
 また、ジビエ料理としてイノシシ肉の発信を始めた地域の皆さんの挑戦も取り上げています。 

ウェブブックで見る

2018年2月1日号発行 No.1051 表紙(写真) 2018年2月1日号発行 No.1051全ページ[ウェブブック]

見開きで見る

ページで見る

Webで見る

「広報上越(2018年2月1日発行 No.1051)Web版」 から、巻頭ページ等をWebページ(html形式)でもご覧いただけます。