ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 小林古径記念美術館 > 平成26年度コレクション展 「写して学ぶ 古径の宝物模写」

平成26年度コレクション展 「写して学ぶ 古径の宝物模写」

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年12月1日更新

古径作品「江西三墓古墳玄室壁画模写」(画像)「江西三墓古墳玄室壁画」(模写)

開催趣旨

 小林古径は、昔の習俗や絵画技法の習得のため、長年にわたって多くの宝物や古典絵画を模写しました。この展覧会では、それらの模写作品と、関連する原寸大デジタル複製画を合わせて展示し、地道な調査研究に基づいて描かれた古径作品の秘密に迫ります。

主な展示作品

古径作品「繍佛裂模写」(画像)
「繍佛裂」(模写) 

古径作品「正倉院金銀平文琴模写」(画像)
「正倉院金銀平文琴」(模写) 

小林古径作品「大仏殿」(画像)
「大仏殿」 

いずれも小林古径作 小林古径記念美術館蔵

会期

平成26年12月6日(土曜日)~平成27年2月22日(日曜日)

開館時間

午前9時~午後5時

休館日

12月8日(月曜日)、12月15日(月曜日)、12月22日(月曜日)、12月24日(水曜日)、

12月29日(月曜日)~1月3日(土曜日)、

1月5日(月曜日)、1月13日(火曜日)、1月19日(月曜日)、1月26日(月曜日)、

2月2日(月曜日)、2月9日(月曜日)、2月12日(木曜日)、2月16日(月曜日)

入館料

一般300円/ 小学生・中学生・高校生150円

  • 幼児及び上越市内の学校に通う小学生・中学生は無料
  • 上越市立総合博物館との共通料金

会場

小林古径記念美術館

主催

小林古径記念美術館

会期中のイベント

謙信KIDSスクールプロジェクト「古径の楽校」

掛け軸に彩色する子ども(写真)

上越市内の小学生・中学生を対象として小林古径の画業を知ってもらうと同時に、日本画についての基礎を学び、写生から下図制作を経て日本画を制作します。(募集は締め切りました)

 講師:洞谷亜里佐先生(上越教育大学教授)
 会場:小林古径邸 画室

  • 第1回 12月6日(土曜日) 小林古径について学ぶ/作品の鑑賞方法を学ぶ/古径の作品を模写する/日本画の基礎を学ぶ
  • 第2回 12月7日(日曜日) 小林古径邸で写生を行う/構図を考える
  • 第3回 12月13日(土曜日) 下図を作る/日本画の技法を学ぶ/絵具をつくる
  • 第4回 12月14日(日曜日) 構図から本画を制作する/彩色する/制作した作品を鑑賞する