ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

コレクション

印刷用ページを表示する 掲載日:2010年12月9日更新

当館の主な収蔵品には本画を含む素描作品群などの画稿があり、これらの作品群は梶田半古塾時代の写生や画稿、「源氏物語絵巻」などのさまざまな絵巻物や仏画などの模写も含み、「古径芸術の源泉」ともいうべき貴重な作品群約1300点におよびます。
さらにこれらの収蔵品に加えて、昭和25年に受章した文化勲章や前田青邨筆の「院葬の辞」を含めた古径芸術ならびに古径の生活関連品も収蔵しており、これらは「小林古径上越コレクション」として呼ばれています。
このようなコレクションを公開展示することによって、古径の文化芸術をより平易に、一人でも多くの人たちに多角的に鑑賞、受容していただければ幸いです。

主な収蔵品

本画 「少女」(明治31年頃)
模写 「源氏物語絵巻」「紫式部日記絵詞」「平治物語絵詞」模写
写生 「エジプトの女王」「エジプトミイラ女人」(大正12年)
関係資料 前田青邨筆「院葬の辞」(昭和32年)

ほか