ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 小林古径記念美術館 > 企画展「水をみつめて 新潟県立近代美術館・万代島美術館所蔵品展」

企画展「水をみつめて 新潟県立近代美術館・万代島美術館所蔵品展」

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年7月25日更新

小林古径 作品「雨」(写真)  
小林古径「雨」大正6年(双幅) 新潟県立近代美術館・万代島美術館蔵

開催趣旨

「水をみつめて」チラシ(画像)  「水」は私たちが生きるために欠かせないもので、生命の誕生以来、多くの恵みを受けてきました。水とともにかたちづくられる美しい景観は、私たちに感動と安らぎを与えてくれます。上越市をはじめ新潟県は、豊かな海と山から流れる川に恵まれ、肥沃な大地が形成されてきました。日本海に沈む夕日や広大な水田に映る山々の美しさは、ふるさとの原風景として、私たちの心の中に焼き付いています。

 本展では、水をテーマに、新潟県立近代美術館・万代島美術館の所蔵品から新潟ゆかりの作家の作品を中心として近現代の日本画・洋画・工芸作品を展示し、各作品におけるさまざまな水の表現を紹介します。

 なお、コレクション展「小林古径 人と作品」を併設し、古径作品の展示も行っています。また、小林古径邸では、特集展示「巨匠たちの扇面木版画」を開催しています。

「水をみつめて」チラシ [PDFファイル/2.68MB]

おもな展示作品(すべて新潟県立近代美術館・万代島美術館蔵)

展示作品リストはこちら [PDFファイル/223KB]

 千住博「WATER FALL」(作品写真) 千住博「WATERFALL」 2000年(平成12年)

村山徑「雨の渦潮」(作品写真)村山徑「雨の渦潮」1980年(昭和55年)

歌川広重「東海道五十三次より庄野・白雨」(作品写真)歌川広重「東海道五十三次より庄野・白雨」1833年(天保4年)頃

宮田亮平「ゲルからの移行3」(作品写真)宮田亮平「ゲルからの移行3 」1979年(昭和54年)

三輪晁勢「游」(作品写真) 三輪晁勢「游」1971年(昭和46年)

東山魁夷「森の静寂」(作品写真)東山魁夷「森の静寂」1964年(昭和39年)

会期

平成28年7月23日(土曜日)~9月4日(日曜日)

開館時間

午前9時~午後5時

休館日

月曜日(8月15日は開館)

入館料

一般400円/ 小学生・中学生・高校生 200円

  • 幼児及び上越市内の学校に通う小学生・中学生は無料
  • 上越市立総合博物館・小林古径邸との共通入館料

会場

小林古径記念美術館

主催

小林古径記念美術館

特別協力

新潟県立近代美術館・万代島美術館

会期中のイベント

学芸員による作品鑑賞会

日時

  • 7月31日(日曜日)14時から約30分
  • 8月14日(日曜日)11時から約30分

会場

小林古径記念美術館 展示室

料金

無料(他に入館料が必要です)

ワークショップ「描いてみよう、水の音」「オトナの水遊び 水を使った絵画技法」

ワークショプイメージ(写真)

企画展「水をみつめて 新潟県立近代美術館・万代島美術館所蔵品展」にあわせて「水」をテーマにした2種類のワークショップを行います。

詳しくはこちらから: 平成28年度イベント

はすまつり茶会

第37回上越蓮まつり関連イベントとして、小林古径邸でお茶を楽しみます。

  • 日時:8月6日(土曜日)、7日(日曜日) 9時30分~14時30分
  • 会場:小林古径邸画室
  • 主催:上越茶道会