ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 小林古径記念美術館 > コレクション展「たおやかな美」

コレクション展「たおやかな美」

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月17日更新

 小林古径「着物の女性」(作品画像) 小林古径「着物の女性」(素描)小林古径記念美術館蔵 

開催趣旨

「たおやかな美」チラシ表面(画像)  古来より女性像は古今東西の絵画に登場し、華やかさ、優美さ、そして時には妖艶な魅力を発してきました。上越市出身の日本画家・小林古径も生涯をとおして数多くの女性を描きました。古径はどんなまなざしで女性を見つめ、描いていたのでしょうか。また、明治から大正、昭和に至る時代の中で、古径が描く女性像はどのように変わっていったのでしょうか。本展では、古径が描いた女性の姿を素描作品と原寸大デジタル複製画で紹介します。

また、特集展示として「小林古径 人と作品」を同時開催します。季節に合わせた本画・素描作品を公開するとともに、古径が使用していた画材やゆかりの品々を紹介します。

小林古径邸では、コレクション展「古径の人物画」を開催いたします。

「たおやかな美」チラシ表面 [PDFファイル/2.21MB]

「たおやかな美」チラシ裏面 [PDFファイル/1.06MB]

おもな展示品

展示品リストはこちら [PDFファイル/175KB]

花持つ少女(素描・画像)「花持つ少女」(素描)

小堀鞆音(こぼりともと) 應永頃迄の遊女の風俗(模写・画像) 「小堀鞆音(こぼりともと) 應永頃迄の遊女の風俗」(模写)

「扇面法華経冊子 大瓶扱い図」(模写・画像) 「扇面法華経冊子 大瓶扱い図」(模写)

以上は、小林古径作、小林古径記念美術館蔵

会期

平成27年7月4日(土曜日)~平成27年8月30日(日曜日)

開館時間

午前9時~午後5時

休館日

  • 7月6日(月曜日)、 7月13日(月曜日)、7月21日(火曜日)、7月27日(月曜日)
  • 8月3日(月曜日 )、8月10日(月曜日)、8月17日(月曜日)、8月24日(月曜日)

入館料

一般400円/ 小学生・中学生・高校生 200円

  • 幼児及び上越市内の学校に通う小学生・中学生は無料
  • 小林古径邸・上越市立総合博物館との共通入館料金

会場

小林古径記念美術館

主催

小林古径記念美術館

会期中のイベント

学芸員によるギャラリートーク

  • 日時:7月5日(日曜日)、8月8日(土曜日) 午前10時30分から
  • 料金: 無料(ただし、入館料が必要です)

ワークショップ「古径と親しむ色の世界 あなただけの「極楽井(ごくらくい)」作り」(終了しました)

作品「極楽井」(画像)展覧会関連企画として、カラーコンサルタントの宮崎朋子氏を講師にお迎えして、鑑賞ワークショップを開催します。

古径作品にこめられた色の意味をひも解きながら「極楽井(ごくらくい)」(原寸大複製画)を鑑賞します。着物などの色から受けるイメージを書き込む「マイ極楽井カード」を作ります。

  • 期日:7月12日(日曜日)
  • 時間:午前の部(9時30分~11時)/午後の部(14時~15時30分)
  • 会場:小林古径記念美術館
  • 講師:宮崎朋子氏(カラーコンサルタント)
  • 対象:午前の部(小学生とその保護者10組)/午後の部(中学生以上20人)
  • 参加費:1人500円
  • 申し込み:小林古径記念美術館へ7月3日(金曜日)までにお電話でお申し込みください。抽選後、開催日1週間前までに結果をハガキでお知らせします。
  • 申し込み・お問い合わせ電話:025-523-8680(小林古径記念美術館)