トップページ > 小川未明文学館 > 出張企画展「未明文学の森 おいたちと作品」

出張企画展「未明文学の森 おいたちと作品」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月18日更新

 小川未明は、明治・大正・昭和にかけて小説家・童話作家・詩人・評論家として多様な作家活動を行いました。

 生涯に書いた作品数は、童話約1,200編、小説約650編、随筆・評論・詩などは約1,400編と膨大なものです。

 これらの作品には、未明のどのような思いが込められているのでしょうか。

 未明研究の第一人者として活躍する小埜裕二氏(上越教育大学副学長・小川未明文学館専門指導員)の解説パネルで、未明のおいたちや作品の背景にある思いを紹介します。

出張企画展「未明文学の森」チラシ(画像)

出張企画展「未明文学の森 おいたちと作品」チラシ [PDFファイル/960KB]

会期

 平成30年6月16日(土曜日)から7月29日(日曜日)まで

開館時間

 午前9時から午後10時まで

休館日

 6月18日(月曜日)、7月17日(火曜日)

会場

 ミュゼ雪小町(あすとぴあ高田5階) ギャラリーA・B

 住所:上越市本町5-4-5

  • えちごトキめき鉄道高田駅から徒歩4分
  • あすとぴあ高田の駐車場を御利用ください。1時間無料となります。駐車券をミュゼ雪小町受付に御提示ください。 

入場料

 無料

関連イベント 公開講座「飴チョコの天使」「白い門のある家」について

 大正期に書かれた未明童話の中から、名作として知られる「飴チョコの天使」「白い門のある家」についてお話いただきます。

 参加費は無料ですが、申し込みが必要です。

講師

 小埜裕二氏(上越教育大学副学長、小川未明研究会主宰)

日時

 平成30年7月7日(土曜日) 午後2時から午後4時まで

会場

 ミュゼ雪小町 多目的室

定員

 50人(多数の場合は抽選)

申し込み方法

 電話で文化振興課までお申し込みください。(電話番号 025-526-6903)

 申し込み締切日は6月29日(金曜日)午後5時まで。 

主催等

 主催 小川未明文学館(上越市文化振興課)

 協力 小川未明研究会、小川未明連絡会議

 後援 早稲田大学文化推進部、国立大学法人上越教育大学