施設の紹介

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年10月1日更新

インドアスタジアム

インドアスタジアムでのフットサル大会の様子(写真)インドアスタジアムでの体操ニッポンオリンピック報告演技会の様子(写真)

スポーツの大会や、集会・商業イベントなど多目的に利用できる県内最大級の屋内施設です。
バスケットボールのコートが4面分取れる広さがあり、北信越大会など広域大会も開催されます。
フロアの壁面は可動式のギャラリー席になっており、多様なイベントに対応します。
大会・イベントがないときは、1/4面ずつを1時間単位で利用することができます。

2階ギャラリー席の周りは1周250mのジョギングコースとしてご利用いただけます。

競技場の大きさ

76m×37m×14m(高さ)

公式競技種目及びコート数
種目コート数   
バスケットボール4面
テニス4面
6人制バレーボール4面
バドミントン16面
ハンドボール1面
体操全種目
剣道4面
ジョギングコース250m

観覧席

固定式1,243席
障害者スペース8席
可動式(壁収納式)2,225席

レジャープール

通年で利用できるレジャープール(写真)

80mの距離を一気に滑り下りる スパイラルスライダーや水深3mの潜水プール、幼児用のプールを併設しており、ご家族でお楽しみいただけます。

名称大きさ
競泳プール(25m×5コース)深さ90cmから110cm
スパイラルスライダー長さ80m、高さ9m
こどもプール深さ40cmから50cm
潜水プール深さ2.5mから3m

アイスアリーナ、ジャンボプール(夏)

冬季アイスアリーナの様子(写真)スケートの滑り方レッスンの様子(写真)夏季のジャンボプールの様子(写真)

上越地域では唯一のスケート場です。リンクの大きさが60m×30mの競技規格を満たしており、アイスホッケーやフィギュアスケート、スピードスケートの公式大会も開催されます。初心者にはスタッフが滑り方を指導いたしますので、お気軽にお問い合わせください。
7月・8月にはジャンボプールに姿を変え、レジャープールと合わせてお楽しみいただけます。

リンクの大きさ

60m×30m
観客席228席

利用期間

  • アイスアリーナ:9月下旬から5月
  • ジャンボプール:7月上旬から8月下旬

市民プール

市民プールの全景(写真)市民プール飛び込み台からの全景(写真)

市民プールには50mプール・25mプール・飛び込みプールの3種類のプールがあります。
水泳大会や競技練習だけでなく、一般の方にもご利用いただけます。

観覧席2,000席

名称大きさ
50m競技プール(50m×9コース)深さ1.4から1.6m
25m競技プール(25m×6コース)深さ1.1から1.3m
飛び込み公認プール深さ5m
飛び込み台高さ10m、7.5m、5m、3m

利用期間

7月中旬から8月

利用時間

午前10時から午後6時

コンサートホール

コンサートホール(写真)

 座席数477席の劇場型ホールです。音楽や演劇の発表会や映画観賞会、講演会など様々な催しにご利用いただけます。

舞台

間口16m×高さ7m×奥行9m  

客席

固定式473席
身障者スペース4席
477席

A、B、C練習室

A練習室(写真)B練習室(写真)

練習室は用途に合わせて3つの大きさからお選びください。

  • A練習室:鏡張り・ピアノ(128平方メートル、収容人数60人程度)
  • B練習室:ピアノ・ドラムセット等(58平方メートル、収容人数30人程度)
  • C練習室:ピアノ(32平方メートル、収容人数8人程度)

壁の一部が鏡になっているA練習室はダンスのレッスンに、ドラムセットのあるB練習室はバンドの練習に、C練習室は小規模な練習に適しています。

すべての部屋に、ピアノが配置してあります。

会議室

会議室全景(写真)

会議室は通常45人掛けのセットがしてあり、1.5m×1.5mのスクリーンが利用できます。
広さは87平方メートルあり、さまざまな会議・研修会の他、催事の控室などにも利用できます。