トップページ > 上越市の近代史に輝く先人たち > 生誕120年記念企画展No.2 微生物のチカラ 発酵の主役たち

生誕120年記念企画展No.2 微生物のチカラ 発酵の主役たち

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年7月26日更新

微生物のチカラ 発酵の主役たち

上越市出身の坂口謹一郎博士は、文化勲章受章者であるとともに「応用微生物学」の世界的権威としても知られています。肉眼では観察することのできない菌類や酵母・カビなどの小さな生物である「微生物」の働きに着目し、発酵・醸造学のみならず、日本のバイオテクノロジーの礎を築きました。その功績や影響は国内だけでなく、世界にも及んでいます。
 本展では、「微生物と発酵」をテーマに、「微生物」が私たちの日常生活に密接に関わり、その「発酵」という働きを活用することによって、私たちが多くの恩恵を受けていることを紹介し、博士の優れた業績に迫ります。

チラシ(画像) 

微生物のチカラ 発酵の主役たち チラシ  [PDFファイル/1.24MB]

会期

平成29年8月8日(火曜日)から平成30年3月21日(水曜日・祝日)まで

開館時間

 午前10時から午後4時まで

休館日

月曜日(祝日は除く)、祝日の翌日、12月28日~1月4日

なお、平成29年12月11日から平成30年2月9日までは、土曜日、日曜日、祝日のみ開館(楽縫庵は利用の予約があった日のみ)

入館料

 300円(中学生以下無料)

会場

坂口記念館(新潟県上越市頸城区鵜ノ木148番地)、電話番号:025-530-3100

展示内容

パネルや資料を中心に展示します。

1章 発酵とは

発酵という現象と微生物との関連性について、発酵と腐敗の違い。

2章 発酵と酵素

発酵と酵素の関連性について。

3章 発酵と醸造

発酵と醸造の関連性について、日本酒・ワイン・ビールの発酵過程を解説。

4章 発酵の主役(微生物 カビ・酵母・細菌について)

微生物とは何か、ヒトと微生物との歴史について。

5章 微生物と産業

微生物が我々の生活に密接に関わっていることを、食品工業・化学工業・医療・農業・環境・エネルギーの6分野を中心に解説。

6章 坂口博士の功績

坂口博士の主な功績を紹介し、博士の業績に迫ります。

火落菌(写真)

火落菌(写真提供:酒類総合研究所)

坂口博士の研究は、世界に先駆けて進められ、貴重な研究の道を切り開いた、ということを物語る微生物の一つです。

トピックス1 坂口博士と大村智先生について

2015年にノーベル生理学・医学賞を受賞し、平成29年11月2日(木曜日)に上越文化会館で講演される大村先生の紹介。坂口博士と大村先生との接点について。

トピックス2 幻の酒「泡盛」復活について

坂口博士が研究で採取した微生物が、遠く沖縄の地で起こした奇跡について紹介。

関連企画

 館内探検クイズ

記念企画展にまつわるクイズに答えて記念品をゲットしましょう。全問正解者には記念シールをプレゼントします。

体験教室

坂口記念館(電話番号:530-3100)に直接お申し込みください。

第1回

日時

8月11日(金曜日・祝日)、午前10時から正午

内容

 夏休み親子で塩麹・ドレッシング作り体験(塩麹・ドレッシング作り、麹を使った甘酒の試飲など)

対象

市内小学生及びその保護者  定員:15組(先着順)

参加費

無料  

申込受付開始日

7月25日(火曜日)

第2回

日時

12月3日(日曜日)午前10時から正午

内容

親子でみそ作り体験(みその仕込み、大根のみそ田楽の試食など)

対象

市内小学生及びその保護者  定員:15組(先着順)

参加費

無料

申込受付開始日

11月14日(火曜日)

坂口博士の誕生日

博士の誕生日(11月17日(金曜日))を含む4日間(11月16日(木曜日)から11月19日(日曜日))は、入館無料です。
甘酒の無料サービスもあります。

主催

坂口謹一郎博士生誕120年記念事業実行委員会・上越市

お問合せ先

事務局 上越市自治・市民環境部文化振興課

電話:025-526-6903