トップページ > 上越市の近代を拓いた先人たち > 郷土の偉人展 明治150年 生誕150年 明治改元の年に生を受けた4人の偉人パネル展

郷土の偉人展 明治150年 生誕150年 明治改元の年に生を受けた4人の偉人パネル展

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年11月1日更新

 2018年は明治改元の年、1868年からちょうど150年に当たります。この激動の年に上越の地に生を受け、郷土の発展のために尽力した4人の偉人がいました。彼らの名は岡田米吉・川上善兵衛・増村朴斎・丸山豊治郎。4人の功績や生涯を紹介します。

チラシ(画像)
チラシ [PDFファイル/623KB]

会期

平成30年12月14日(金曜日)から平成31年1月30日(水曜日)

会場 

ミュゼ雪小町(あすとぴあ高田5階) えちごトキめき鉄道 高田駅から徒歩4分

ミュゼ雪小町周辺地図

あすとぴあ高田駐車場をご利用する場合は、1時間無料となります。 駐車券を窓口にお出しください。

開館時間

午前9時から午後10時

休館日

平成30年12月17日(月曜日)、12月29日(土曜日)から平成31年1月3日(木曜日)、1月21日(月曜日)

入場料

無料

紹介する偉人

岡田米吉

岡田米吉(画像)

  • 生没年:1868年から1941年
  • 演奏家
  • 出身地:上越市中郷区
  • 主な功績:市指定、無形民俗文化財(民俗芸能)に選定されている岡沢の春駒などの民俗芸能の保存と普及に尽力しました。

川上善兵衛

川上善兵衛(画像)

  • 生没年:1868年から1944年
  • 実業家、研究者
  • 出身地:上越市大字北方
  • 主な功績:株式会社 岩の原葡萄園の創業者。「日本のワインぶどうの父」と称され、国産ワインの開発やワイン用ぶどうの品種改良に力を注ぎ、国産ワインの礎を築きました。

 増村朴斎

増村朴斎(画像)

  • 生没年:1868年から1942年
  • 教育者
  • 出身地:上越市板倉区
  • 主な功績:有恒学舎(現在の県立有恒高等学校)の創設者。郷土の教育の発展に尽力しました。

 丸山豊治郎

丸山豊治郎(画像)

  • 生没年:1868年から1933年
  • 政治家、実業家
  • 出身地:上越市清里区
  • 主な功績:高田日報社の創刊者の一人。衆議院議員として活躍したほか、清里区のインフラ整備にも尽力しました。