トップページ > 雪情報 > 除雪作業のお願い

除雪作業のお願い

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月1日更新

除雪に関する皆さんへのお願い

  • 樹木や消雪施設は適切に管理を!
    樹木や消雪用ホースが道路にはみ出ていると、除雪車に接触し除雪できない場合があります。また、樹木に雪が積もると枝が大きく曲り通行を妨げるほか、交通事故の危険性が高まります。各家庭で適切な管理をお願いします。
  • 作業中の除雪車には近づかない!
    特に夜間は除雪車の運転席からの見通しが悪く、事故に巻き込まれるおそれがあります。
  • 路上駐車はやめましょう!
    除雪作業を妨げ、車に傷を付けるおそれがあります。また、通行する人の迷惑になります。
  • 急な降雪時の車への備えと暴風雪時の外出には十分な装備を!
    車には早めに冬用タイヤを装着し、車の立ち往生やスリップ事故で除雪作業の支障とならないようにしましょう。風雪にさらさられる田園地帯では、地吹雪により除雪が間に合わない場合があります。気象情報に注意し不要不急の外出は避け、避けられない場合は十分な装備をお願いします。
  • 雪を道路へ出さないでください!
    敷地内の雪を道路に出すと、通行の妨げとなり渋滞や事故を招きます。屋根雪などの処理で一時的に道路へ置く場合も、早めに処理してください。
  • 玄関前・車庫前の雪処理にご協力を!
    除雪車は道路脇に雪をかき分けます。玄関や車庫の前に残る雪は各家庭や地域で助け合いながら処理していただくようお願いします。

除雪作業にご協力ください。 [PDFファイル/298KB]


問合せ:道路課(雪対策室)(電話:025-526-5111)

除雪作業中の事故にご注意を

上越市では、毎年、雪による事故で多くの人がけがをしています。事故原因の多くは、屋根雪下ろし中の落下と除雪機によるものです。事故を防ぐために、注意点をあらためて確認し、除雪作業中の事故を防止しましょう。

屋根雪下ろし作業時の注意点

  • 作業は家族やとなり近所にも声をかけて、2人以上で行いましょう。
  • はしごを使うときは、横滑りや転倒しないよう必ず固定し、はしごから屋根への移動するときには特に注意しましょう。
  • 屋根の下を通る人、特に子どもに注意しましょう。
  • 屋根からスノーダンプで雪を下ろすときは、一緒に落下しないよう無理をせず小分けにして下ろしましょう。
  • 安全のため、ヘルメットや滑りにくい履物を着用しましょう。
  • 疲れているときは、無理をせず作業を控えましょう。

除雪機による作業時の注意点

  • 人がいる時は使わない
    (作業中は、周りに人を近づかせないようにしましょう。)
  • 雪かき棒を使う
    (除雪機のロータリー部分に詰まった雪を取り除くときは、必ずエンジンを止めて雪かき棒を使いましょう。)
  • エンジンを掛けたまま離れない 
    (除雪機から離れるときは、必ずエンジンを止めましょう。)
  • 後方を注意する
    (後進する時は、足もとや後方の障害物に注意しましょう。)
  • 服装を整える
    (除雪機に巻き込まれないよう、服装を整えてから作業しましょう。)

命を守る除雪中の事故防止10箇条

  1. 作業は家族、となり近所にも声をかけて
  2. 2人以上で建物のまわりに雪を残して雪下ろし
  3. 晴れの日ほど要注意。屋根の雪がゆるんでる
  4. はしごの固定を忘れずに
  5. エンジンを切ってから。除雪機の雪詰まりの取り除き
  6. 低い屋根でも油断は禁物
  7. 作業開始直後と疲れたころは特に慎重に
  8. 面倒でも命綱とヘルメットを
  9. 命綱、除雪機など用具はこまめに手入れ、点検を
  10. 作業のときには携帯電話を持っていく

問合せ:危機管理課(電話:025-526-5111)