トップページ > 上越の食育 > 食の宝庫 上越 おいしく残さず食べきろう 20・10運動

食の宝庫 上越 おいしく残さず食べきろう 20・10運動

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月7日更新

日本では、まだ食べられるのに廃棄される食品「食品ロス」が問題となっています。

平成26年度の農林水産省の調査では、年間2,775万トンの食品廃棄物等が出されており、このうち食べられるのに廃棄される食品である「食品ロス」は621万トンです。

大切な資源の有効活用や環境負荷への配慮から、「食品ロス」を減らすことが必要です。

「20・10運動」を始めよう

「食品ロス」が多く発生する場面として、宴会の場があげられます。
平成27年度の農林水産省の調査では、外食における食べ残しの割合が一番多いのは宴会の場となっています。

上越市では宴会時の食品ロス削減に向け、「食の宝庫  上越  おいしく残さず食べきろう 20・10運動」を呼びかけています。

その1

宴会の参加メンバーに合わせ、適量を注文しましょう。

その2  はじめの20分

乾杯の後の20分は、自席でおいしい上越の料理を味わいましょう。

その3  楽しみタイム

全員で親睦を深めますが、料理のことも忘れずに。

その4  お開きの前の10分

席に戻り、もう一度料理を楽しみ、食べきりを心がけましょう。


一人ひとりの心がけで、食品ロスを減らすことができます。幹事の皆さんを中心に食品ロス削減にご協力ください。

リーフレット(表)リーフレット(裏)

「20・10運動」啓発リーフレットダウンロード [PDFファイル/264KB]

(注)事業所や飲食店等で「20・10運動」啓発リーフレット及びポスターが必要な場合は、下記担当までお申し出ください。