トップページ > 組織でさがす > 文化振興課 > 太鼓の祭典 出演団体募集

太鼓の祭典 出演団体募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年2月6日更新

本県で開催する「第34回国民文化祭・にいがた2019、第19回全国障害者芸術・文化祭にいがた大会」の太鼓の祭典の出演団体を募集します。

サブテーマ

越後の歴史と自然に集い 明日への鼓動

趣旨

全国各地で様々な歴史や地域文化と共に育まれた「太鼓」は、躍動感あふれる鼓動で人々を魅了してきました。歴史と自然に出会うまち新潟県に育った太鼓の躍動と全国各地の勇壮な太鼓の響演を行い、交流を深めながら、太鼓の魅力を全国に発信します。

日時

平成31年10月13日(日曜日)午前9時から午後5時30分(予定)

(注)新元号が未定のため平成と表記

会場

上越文化会館 大ホール
〒943-0804 新潟県上越市新光町1丁目9番10号  電話番号:025-525-4103
客席数:1,504人(車椅子席12席含む)(舞台:奥行き14.5m、間口20m、高さ8m)

主催者

文化庁 厚生労働省 新潟県 第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭新潟県実行委員会 上越市 第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭上越市実行委員会 公益財団法人日本太鼓財団
主管:日本太鼓財団新潟県支部、新潟県太鼓連盟

事業内容

  1. 全国の太鼓団体による演奏を行います。
  2. 来場者が楽しめる太鼓の体験活動を行います。

出演団体数等

  1. 出演団体数:25団体程度
  2. 演奏時間:1団体10分以内(入退場時間を含む)希望団体多数の場合は、演奏時間が短くなる場合があります。
  3. 演奏曲目:自由

出演に関する経費

  • 会場費や舞台に関わる基本的な経費については、主催者が負担します。
  • 出演に要する経費は、原則として各出演団体の負担となりますが、太鼓運搬費については、主催者が予算の範囲内において一部補助を行う予定です。

出演団体の決定

出演団体は、各都道府県の推薦に基づき、第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭新潟県実行委員会の審議を経て、文化庁が決定します。

応募方法

出演を希望される団体は、別紙「出演団体応募用紙」と、選考に際し参考としますので「DVD、写真、公演プログラム」等を日本太鼓財団に送付してください。

応募締切

平成31年3月15日(金曜日)まで
郵送またはメールにて、応募用紙等を下記申し込み先までお送りください。

その他

演奏について

大太鼓・長胴太鼓・桶胴太鼓・締太鼓は原則として主催者が用意します。(ただし、特殊台は持参して下さい。)原則としてマイク等の使用はできません。照明等の演出は、主催者に一任願います。

リハーサルについて

10月12日(土曜日)に行う各団体15分程度のリハーサルには、必ず参加してください。なお、リハーサル時間は、午前11時から午後9時を予定しています。

問い合せ先・申し込み先

問い合せ先

第34回国民文化祭、第19回全国障害者芸術・文化祭上越市実行委員会(上越市自治・市民環境部文化振興課内)
〒943-0832 新潟県上越市本町3丁目3番2号  高田まちかど交流館内
電話番号:025-526-6903、ファックス番号:025-526-6904
Eメール:bunka@city.joetsu.lg.jp (迷惑メール防止のため、「@」を全角にしています。メール送信時は「@」を半角にしてください)    

申し込み先

公益財団法人日本太鼓財団
〒105-0001 東京都港区虎ノ門1丁目11番2号 日本財団第二ビル6階
電話番号:03-6205-4377、ファックス番号:03-6205-4378
Eメール:info@nippon-taiko.or.jp(迷惑メール防止のため、「@」を全角にしています。メール送信時は「@」を半角にしてください)

応募用紙

応募用紙 [PDFファイル/76KB]応募用紙 [Excelファイル/30KB]