トップページ > 組織でさがす > 文化行政課 > 春日山城跡災害復旧情報

春日山城跡災害復旧情報

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年11月30日更新

 高田の24時間降水量が観測史上最大を記録した、平成28年7月26日から27日にかけての大雨により、春日山城跡但馬谷(たじまだに)で土砂崩落が発生しました。市では今年度、文化庁や有識者の指導のもと災害復旧工事を行い、降雪前までの完了を目指しています(下の写真は、災害発生時の様子 平成28年7月28日撮影)。

災害発生状況

工事内容

 崩落箇所の地形に適した工法と植生基材(植物の種)の吹き付け等を行い、今後の崩落を防止するとともに、崩落前の城跡の姿に戻します。 

工事の情報提供について

上越市埋蔵文化財センターで災害の様子等を紹介するパネルや工事の進捗をお知らせする掲示板を設置しています。

これまでの工事経過

「まいぶん春日山講座2 災害復旧現場の見学」を実施します

 春日山城跡を巡る散策会を開催します。
 今回は、昨年の大雨による土砂崩落の災害復旧後の様子を見学しながら、本丸を目指します。天候により、コースを変更する場合があります。雨天時は、謙信公銅像付近からの見学とします。

  • とき:12月2日(土曜日)午前9時~正午
  • 集合場所:春日山城跡謙信公銅像前
  • 定員:30人(申し込み順)