トップページ > 組織でさがす > 文化行政課 > 国指定史跡春日山城跡保存管理計画

国指定史跡春日山城跡保存管理計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月19日更新
 春日山城は昭和10年8月27日に国の史跡として指定され、その後、昭和49年、55年、平成12年と追加指定され、地域のみなさまのご理解とご努力をいただきながら保存が図られてきました。

 平成21年に改定された今回の保存管理計画は、従来の史跡そのものの価値のみならず、史跡が記憶してきた歴史、そしてそれらを包含する歴史景観にまで総体的な価値を見出し、積極的な活用や地域住民との連携・協働を目指したものとなっています。

国指定史跡春日山城跡における今後の保存管理及び活用について(計画概要版)

表紙 [PDFファイル/584KB]

今計画の基本方針と春日山城跡管理の理念 [PDFファイル/548KB]

春日山城跡の現状 [PDFファイル/899KB]

史跡の拡大と現状変更1 [PDFファイル/1018KB]

史跡の拡大と現状変更2 [PDFファイル/771KB]

今後の活動 [PDFファイル/620KB]

春日山城跡活用の現状 [PDFファイル/663KB] 

今計画のポイント [PDFファイル/698KB]

(注)パンフレットにある問い合わせ先が「生涯学習推進課」となっていますが、現在は「文化行政課」、住所は「上越市下門前1770番地」です。