トップページ > 組織でさがす > 地域医療推進室 > 上越市病院事業経営改革プラン

上越市病院事業経営改革プラン

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月17日更新

上越地域医療センター病院の経営計画となる「上越市病院事業経営改革プラン」を策定しました。

上越市病院事業経営改革プラン(平成29年度~平成32年度)

 上越市病院事業経営改革プラン [PDFファイル/2.47MB]

改革プランの概要

策定の経緯

平成27年3月に総務省が示した「新公立病院改革ガイドライン」において、公立病院を設置する自治体は、県が策定する「地域医療構想」との整合を図り、平成28年度末までに新たな改革プランを策定することが義務付けられました。

策定に当たっての考え方

本プランの策定に当たっては、上越地域医療センター病院の改築に向け設置した「在り方検討委員会」での検討内容を踏まえるとともに、新公立病院改革ガイドラインの示す視点を基に、具体的な数値目標及び取組を定めています。

新公立病院改革ガイドラインで示す4つの視点に基づく取組など

(1)地域医療構想を踏まえた役割の明確化
  • 回復期・慢性期を中心とする病床機能を今後も維持し、病病連携、病診連携の取組を強化します。
  • 在宅医療支援センターによる訪問看護等の取組や福祉サービスを継続します。
  • 一般会計からの病院事業会計に対する負担の考え方は、地方公営企業法等の関連法令及び国の繰出し基準に基づく法定内の繰出しを基本とします。
  • 地域に開かれた病院として、病院の取組を市民に対し積極的に情報発信していきます。
(2)経営の効率化
  • 経営の効率化に向けて次の視点で取組を推進します。

  経費節減・抑制対策、収入増加・確保対策、医師等の人材の確保・育成対策、病床利用率向上

(3)再編・ネットワーク化
  • センター病院と市立診療所との間で医師・看護師等の人的なネットワーク化の構築に向けて検討します。
(4)経営形態の見直し
  • センター病院の経営形態について具体的に検討していきます。

(注)センター病院の改築に伴う事業費等については、現段階において数値目標及び収支計画等には含めていません。今後の改築に向けた検討の具体化にあわせ本プランに反映していきます。

計画期間

平成29年度~平成32年度

進捗状況の管理など

  • 毎年度、実施状況を評価し、その結果を公表します。
  • 評価の結果、本プランの見直しが必要な場合は変更します。