トップページ > 組織でさがす > 地域医療推進室 > 上越地域医療センター病院の看護職員を目指す学生に奨励金を支給

上越地域医療センター病院の看護職員を目指す学生に奨励金を支給

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年3月15日更新

上越地域医療センター病院の看護師を目指す学生の方を対象に、在学中に必要な費用の一部を助成します。

対象者

  • 看護師養成施設(看護大学・看護専門学校等)への入学を許可された方、または在学している方
  • 卒業から1年以内に看護職員の免許を取得し、ただちに上越地域医療センター病院において看護業務に従事(奨励金交付期間の2分の3に相当する期間以上)する意思のある方(注)
    (注)奨励金を受けても、センター病院への就職が確約されるものではありません。センター病院で行われる採用試験を受験し、合格していただく必要があります。

奨励金の額等

交付額

月額5万円(限度額)

交付期間

4年以内(卒業までの最短修学年限)

その他

  • 対象経費の年額が60万円を下回る場合は、その額の12分の1が交付額(月額)となります。
  • 奨励金は原則として、交付決定があった日の属する月から卒業する月までの間、四半期ごとに3か月分を一括して交付します。

奨励金の対象経費

修学費

入学金、授業料、実験実習費等、養成施設に支払う一切の経費(給食費は除く)

住居費

自宅からの通学が困難と認められる場合の家賃相当額(敷金、礼金は除く)

その他

修学するために必要と認められる経費

募集人員

3名

(注)助成額は3月市議会で審査され決定します。

奨励金の返還等

下記の項目に該当した場合は、奨励金の停止及び返還を求めます。

  1. 退学したとき
  2. 奨励金の交付期間の2分の3に相当する期間以上、上越地域医療センター病院に勤務しなかったとき
  3. その他、奨励金の交付目的を達成することができなくなったと認められるとき

「3.その他、奨励金の交付目的を達成することができなくなったと認められるとき」の例

  • センター病院で行われる採用試験を受験しなかった場合
  • 卒業から1年以内に看護職員の免許を取得できなかった場合
  • 卒業から1年以内にセンター病院の採用試験に合格できなかった場合

申請書類等

申請期間

平成29年4月3日(月曜日)~平成29年4月14日(金曜日)

郵送等の場合、当日消印有効

提出先

下記の問い合わせ先に直接提出、または郵送等で提出してください。

提出書類

  1. 補助金交付申請書(規則第1号様式) [PDFファイル/99KB]補助金交付申請書 [Wordファイル/50KB]記入例(規則第1号様式) [PDFファイル/187KB]
  2. 看護師養成施設及び連帯保証人等報告書兼誓約書(要綱第1号様式) [PDFファイル/107KB]看護師養成施設及び連帯保証人等報告書兼誓約書(要綱第1号様式) [Wordファイル/50KB]記入例(要綱第1号様式) [PDFファイル/207KB]
  3. 看護師養成施設の入学許可書(写し可)、または在学証明書(写し不可)
  4. 学業成績表(写し可)、健康診断書(写し可)
  5. 連帯保証人(2名)の印鑑登録証明書(発行後3か月以内のもの)

市健康づくり推進課地域医療推進室に備えてある様式をご利用いただくか、直接ダウンロードしてください。

交付決定

書類審査により決定します。

参考

上越地域医療センター病院の概要(外部リンク)

上越地域医療センター病院看護職員奨励金交付要綱 [PDFファイル/254KB]