男女共同参画宣言都市

印刷用ページを表示する 掲載日:2011年11月1日更新

市をあげて取り組んでいます

  • 上越市では、「男女共同参画都市」を平成13年9月26日に宣言しました。
  • 平成14年3月には、上越市男女共同参画基本条例を制定しました。
  • 平成18年11月10日(金曜日)に、「平成18年度全国男女共同参画宣言都市サミットin じょうえつ」を開催しました。

男女共同参画の概要

  国は、平成11年6月に「男女共同参画社会基本法」を制定し、男女共同参画社会の実現を21世紀の我が国の最重要課題と位置付け、その促進に関する施策の推進を図っています。
 しかし、現状では、男は仕事・女は家庭というように、性別によって役割を決めてしまう社会習慣、方針、意思決定の場に女性が参画しにくいなど、性別による不平等がいまだに残っています。
 そこで、男女の平等な参画を実現させる実効性のある条例が必要となり、平成14年3月、上越市男女共同参画基本条例を制定しました。 あわせて上越市男女共同参画基本計画を策定しました。
 その検討を行う中で、男女共同参画社会実現に向けた気運を醸成するため、条例制定に先立ち、「男女共同参画都市宣言」を行う必要性が論じられました。
 これを受けて、同宣言についても検討を重ね、平成13年9月26日に「男女共同参画都市」を宣言しました。 そして、平成14年6月に内閣府との共催で男女共同参画都市宣言奨励事業記念式典を開催し、この取り組みの推進を図っています。

男女共同参画都市宣言

 私たち上越市民は、人としての品位と資質を高める中で、世代を超え、男女の人権を尊重し、社会のあらゆる分野で平等に参画できるまちづくりをめざし、ここに「男女共同参画都市」を宣言します。
 
一 男女が互いの人権を認めあい、一人ひとりが自立し、自分らしくいきいきと暮らせる「じょうえつ」をめざします。
一 男女が政治をはじめとする社会のあらゆる分野において、平等に参画できる「じょうえつ」をめざします。
一 男女が仕事と家庭生活を両立させ、対等なパートナーとして、協働できる「じょうえつ」をめざします。
一 男女がともに、地球市民として、友情と平和の輪を地域から世界へ広げる「じょうえつ」をめざします。
(平成13年9月26日宣言)