トップページ > 組織でさがす > 福祉課 > 障害者福祉計画

障害者福祉計画

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月27日更新

 障害者福祉計画は、当市における障害者福祉の推進に係る理念や基本的な施策の方向を示すとともに、地域における障害福祉サービス等の提供体制の整備や、障害のある人の福祉の向上に資する各種事業の実施について定める、当市の障害福祉施策の指針となる計画です。

 市では、平成27年3月に「上越市障害者福祉計画(平成27年度~平成29年度)」を策定し、障害のある人が、住み慣れた地域で自立した生活を送っていただくための支援や、だれもが互いを理解し尊重し合い、気持ちが通い合う地域を目指して、各種施策に取り組んできました。

 このたび、計画期間が終了することから、これまでの取組を評価・検証した上で、国の制度改正や市民の皆さんの障害福祉ニーズの変化へ的確に対応し、障害のある人が住み慣れた地域で自立した生活を送ることができるよう、「上越市障害者福祉計画」を改定しました。 

上越市障害者福祉計画(平成30年度~平成32年度)

基本目標

 「だれもが 住み慣れた地域で 安心して暮らせる 自立と共生のまちをつくる」

 地域に住むすべての人が、障害の有無や老若男女を問わず交流し、支え合う自立と共生のまちづくりを進め、ノーマライゼーションの理念の具現化を目指します。

基本方針

 「自立に向けた取組の充実と共生社会の実現」

 障害のある人が住み慣れた地域で安心して暮らし続けるためには、様々なサービスの提供や相談対応などの支援のほか、働く機会の確保など自立に向けた取組が重要です。

 様々な交流を通じて、障害のある人もない人も、誰もがお互いを理解し尊重し合い、気持ちが通い、支え合う地域を目指して、共生社会の実現に向けた取組を進めます。