トップページ > 組織でさがす > 行政改革推進課 > 市の施設の使用料及び減免制度について

市の施設の使用料及び減免制度について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月25日更新

使用料について

 使用料については、受益者負担の適正化を図るとともに、施設の性能やサービス水準を踏まえた料金設定を行うことを目的とした見直しを行い、平成27年10月1日から新しい使用料を適用しています。

減免制度について

平成28年4月からの新たな減免制度

 市の施設使用料の減免制度を見直し、公益性の高い「地域振興」 「スポーツ振興」「青少年育成」の各活動への支援の観点から、減免対象者、利用目的及び減免対象施設を限定しつつ、減免率を設定しました。
 減免の対象は、従来からの町内会等の地縁組織や青少年のクラブ(スポーツ・文化)等の活動のほか、新たに成人のスポーツクラブの活動も加わります。
 減免率は、市と利用者とで使用料を折半する考えから50パーセント減額を基本とし、施設を規模や機能などで区分し、設定しています。

詳細は次のファイルをご覧ください。

登録制の導入

 減免を希望する「地縁組織の一部」「青少年のクラブ」「成人のスポーツクラブ」に該当する団体は、事前審査で登録を行う「登録制」を導入します。
 登録を希望する団体は、事前に申請が必要です。各施設の窓口で申請してください。
 なお、地縁組織のうち町内会(自治会)、PTA、子ども会連合会に加盟する子ども会、老人クラブ連合会に加盟する老人会、自主防災組織は、申請不要です。

減免登録団体の募集についてはこちらをご覧ください。

減免制度の見直しの検討経過

 施設使用料の減免制度については、施設管理者や市民からお聴きした課題等を踏まえ、施設使用料と合わせ、見直しを行いました。

市政モニターアンケート及び施設利用者アンケートの実施

 減免制度の見直しに当たっては、施設使用料の見直しと合わせ、平成26年度に市政モニターへのアンケート及び施設利用者を対象としたアンケートを行いました。

公の施設使用料の減免基準等の見直しに関する懇談会

 減免基準の見直し方針の策定に当たり参考とするため、施設利用者、一般市民、施設の指定管理者等の様々な立場の委員からなる「公の施設使用料の減免基準等の見直しに関する懇談会」を設置し、平成26年11月から平成27年3月までにかけて、全4回にわたり意見交換を行いました。

  • 第1回懇談会:平成26年11月18日
  • 第2回懇談会:平成26年12月16日
  • 第3回懇談会:平成27年3月5日
  • 第4回懇談会:平成27年3月25日

 懇談会の会議録・会議資料はこちらをご覧ください

行政改革調査対策特別委員会

 施設使用料の減免制度の見直しの検討経過について、市議会行政改革調査対策特別委員会に説明を行いました。

配布資料

地域協議会及び町内会長連絡協議会への説明

 平成27年3月から5月までにかけ、「公の施設使用料の減免基準等の見直しに関する懇談会」での意見交換の結果を踏まえた減免基準見直しの検討状況について、地域協議会、町内会長連絡協議会へ説明を行いました。

配布資料

施設利用団体との意見交換会

 平成27年7月(1巡目)、平成27年11月から12月まで(2巡目)に、施設利用団体から利用実態を踏まえたご意見をお聴きするため、意見交換会を開催しました。

配布資料

問い合わせ先について

各施設の利用について

 各施設に直接お問い合わせください。