指定管理者制度

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月1日更新
 指定管理者制度は、平成15年9月に施行された改正地方自治法による、公の施設の新しい管理手法です。
 これまで公の施設は、市が直接管理を行う「直営管理」、委託先を公共的団体等に限定する「管理委託」により管理運営されてきました。
 しかし、地方自治法の改正により「指定管理者制度」が導入され、公の施設の管理運営について、民間事業者など幅広い団体が管理を代行することが可能となりました。
 このページでは、指定管理者制度の概要や指定管理者の募集・選定結果などについて、お知らせしています。  

「指定管理者の公募等に関する情報」

「指定管理者の選定結果に関する情報」

「指定管理者の制度の概要」

「上越市の取り組み」