トップページ > 組織でさがす > 行政改革推進課 > 職員提案制度 平成20年度市長表彰一覧

職員提案制度 平成20年度市長表彰一覧

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年4月1日更新
  • 平成20年度の市長表彰は、平成20年4月から12月までの提案217件の中から、市長が10件を選定しました。
  • この10件はいずれも、7月に実施した改善検討集中月間における課または総合事務所のグループからの提案であり、個人ではなく、組織を対象として表彰します。
番号
提案者
提案内容
1
都市整備部
監理課
建設工事で実施した土質調査データの共有
  • 土質調査データ(ボーリング、土質柱状図など)は事業の基礎資料として活用されるが、その後の事業に活用されるケースが少ない。また、担当部(課)が違うことで情報が埋もれ、近傍地域で同様の調査が実施される可能性が高い。
  • 不要な再調査を防止し、他の事業計画時の基礎資料として有効活用するために、土質調査の基礎データを共有する仕組みを作る。
2
都市整備部
都市計画課
他課に提出する書類への課長印の省略
  • 他課への提出書類に課長印が必要なものがあるが、提出元の課内で決裁が前提であることから、課長印を不要とすることにより、事務を簡素化する。
3
産業観光部
産業振興課
公文書目録を検索が可能なデータに変更することによる事務の簡素化
  • 公文書目録はワードで作成しているが、検索が可能なエクセルにすることで、管理しやすくなり、毎年の更新時の作業時間も短縮できる。
4
教育委員会
生涯学習推進課
イントラ「死去のお知らせ」の掲載方法の見直しによる閲覧時間の短縮
  • 死去のお知らせを閲覧する場合、いくつかの工程が必要であるが、通知文部分に関係職員の氏名が入っていれば、各自に必要な情報か否かがその段階で判断でき、閲覧時間の短縮が図れる。
5
大島区総合事務所
市民生活・福祉グループ
総合事務所における居所証明書交付事務の兼務による時間外勤務の縮減
  • 各総合事務所では、選挙に伴う居所証明書の交付を窓口担当職員が行っているが、選管併任職員も常駐しているため、その職員が居所証明書交付事務を行うことにより、時間外勤務を縮減する。
6
大潟区総合事務所
産業建設グループ
イントラからの例規集の閲覧操作の簡略化
  • イントラの例規集を閲覧するには共通のユーザーID及びパスワードの入力が必要であるが、事務の効率化を図るため、ユーザーIDとパスワードを省略して閲覧できるようにする。
7
頸城区総合事務所
総務・地域振興グループ
市所定請求書の件名欄の記載省略
  • 市所定請求書の件名欄には、支出命令票の摘要欄と同様の内容を手書きで記入しているが、事務の省力化のため、重複を削除し、記入を省略する。
8
頸城区総合事務所
総務・地域振興グループ
総合事務所における財務会計システムの操作権限の見直し
  • 各総合事務所では、グループを横断する事業の予算はグループ間の配当替えで対応しているが、事務の省力化と迅速な予算の執行のために、グループの違いによる財務会計システムの操作の制限を廃止する。
9
板倉区総合事務所
市民生活・福祉グループ
総合事務所における居住証明書発行事務の兼務による時間外勤務の縮減
  • 各総合事務所においては、県政選挙で発行する「引き続き居住証明書」を窓口担当職員が発行しているが、選管併任職員も常駐しているため、その職員が証明書発行事務を行うことにより、時間外勤務を縮減する。
10
総務部
行革推進課
課等への広報紙配布の廃止
  • 広報じょうえつをすべての課等あてに配布しているが、市ホームページでの閲覧が可能であることから、今後は配布しないこととし、経費の縮減を図る。