トップページ > 組織でさがす > 保育課 > (仮称)吉川区新保育園の建設について (平成29年1月6日竣工)

(仮称)吉川区新保育園の建設について (平成29年1月6日竣工)

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年6月14日更新

 入園児童数の減少に伴い、集団保育や園行事(運動会、発表会等)の開催が年々難しくなるとともに、各施設の老朽化が進み大規模な修繕や建替えが必要となっています。これらに対応するため、公立・私立の枠を超えて3園を統合することにより保育の適正規模を確保し、保護者の保育や子育て支援へのニーズに応え得る良好な保育環境を整備します。

施設の主な概要

  • 所在地:吉川区原之町1819‐1地内(旧吉川総合センター跡地)
  • 敷地面積:2440.27平方メートル
  • 延床面積:998.76平方メートル
  • 建物構造:木造一部鉄筋コンクリート造(地上1階、地下1階)
  • 定員:80人
  • 開園日:平成29年4月1日
  • 運営主体:社会福祉法人 吉川福祉会 
  • 施設名称:よしかわ保育園
  • 施設の特徴

 (仮称)吉川区新保育園新築工事 透視図

  • 遊戯室の周囲に保育室等を配置する「センターホール形」を採用し、効率性と機能性、視認性を高めています。
  • 保育室外部に屋根付きテラスを設置し、採光性を高めるとともに園庭との一体性を確保します。また緊急時の避難経路として活用できます。
  • 遊戯室の西側と南側上部に開口部を設け、十分な通風と採光を確保しています。
  • 周囲の自然環境に合うように建物全体を低くシンプルにし、外周に面する屋根の高さを低く抑えました。
  • 南側テラス外壁は杉板張りとし、床は樹脂系ウッドデッキとして木の柔らかさ、親しみやすさを表現しています。

建設工事の状況