トップページ > 組織でさがす > 板倉区総合事務所 > 板倉区の文化財 : 覚信尼(かくしんに)肖像画

板倉区の文化財 : 覚信尼(かくしんに)肖像画

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月14日更新

覚信尼肖像画(画像)

 親鸞聖人と恵信尼公の末娘、覚信尼公の絵像といわれている貴重な絵画である。覚信尼は京都で親鸞の最後を看取り、葬儀一切を取り仕切った人物である。
 現存する覚信尼絵像のうち最も古く、東本願寺の親鸞750回忌法要の全国宣伝ポスターの原本として用いられた由緒深い絵像である。(上久々野:福因寺蔵)

区分

旧板倉町指定

種別

絵画

指定年月日

昭和57年12月13日

所在地

上久々野

備考(年代・時代 指定樹齢 幹囲等)

鎌倉末期~南北朝期