トップページ > 組織でさがす > 板倉区総合事務所 > 板倉区の文化財 : 御神明帳(ごしんめいちょう)

板倉区の文化財 : 御神明帳(ごしんめいちょう)

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年1月14日更新

御神明帳(写真)

 御神明帳は山寺村神主、長峰河内守藤原春栄が延徳2年に書いた古文書で、越後頸城郡山寺村神社由緒書である。山寺の歴史や氏子集落の神社名、祭神名などが記されている。

区分

旧板倉町指定

種別

古文書

指定年月日

昭和53年10月1日

所在地

東山寺

備考(年代・時代 指定樹齢 幹囲等)

延徳2年