トップページ > 組織でさがす > 板倉区総合事務所 > いたくらフォトニュース 2018年5月

いたくらフォトニュース 2018年5月

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年5月17日更新

板倉区の身近な出来事を写真とともにお届けします。

2018年5月

寺野春まつり

 5月5日土曜日、寺野地区やすらぎ荘前で毎年恒例の寺野春まつりが行われ、多くの方で賑わいました。

 快晴の下、参加者に無料でウド汁がふるまわれたほか、採りたての山菜や地元のお母さん手作りの笹寿司、みょうが団子の販売、民謡と三味線の演奏や歌謡ショーが行われました。

 訪れた人はやすらぎ荘周辺に植えられた芝桜や風景を望みながら、春を満喫しました 。

 見ごろを迎えた芝桜(写真) ウド汁をふるまう様子(写真)

板倉地区公民館事業「スポーツ教室」

 5月6日日曜日、板倉中学校グラウンドで第1回目の「スポーツ教室」が行われ、小学生15人が参加しました。

 「速く走るコツ」を学ぶ今回の講座では、講師の指導のもと、動作を繰り返し確認し、多くの子どもたちが自身のタイムを縮めていました。

 2回目以降の講座では、ニュースポーツを通して交流を深める予定です。

練習に取り組む様子(写真) タイム測定の様子(写真)

山寺薬師例大祭

 5月8日火曜日、東山寺の山寺薬師において例大祭が行われました。

 山寺薬師例大祭は、1300年代から行われていると言われています。小雨が降る中でしたが、板倉区や妙高市などから多くの人が訪れていました。

 東山寺町内会では、参拝者に無料でウド汁をふるまうなどのおもてなしをしていました。参拝者はアツアツのウド汁に舌鼓を打ちながら、町内会の方々との会話を楽しんでいました。

 薬師堂に続く階段(写真) ウド汁に舌鼓を打つ参拝者(写真)

バックナンバー

過去の記事はこちらです。