トップページ > 組織でさがす > 板倉区総合事務所 > いたくらフォトニュース

いたくらフォトニュース

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年12月27日更新

板倉区の身近な出来事を写真とともにお届けします。

2017年12月

ゑしんの里記念館「オリジナル門松づくり」

12月23日土曜日にゑしんの里記念館で「オリジナル門松づくり」が開催されました。

このイベントはゑしんの里記念館の年末恒例のイベントで、講師の指導のもと、30センチメートル程のミニ門松と、150センチメートル程の本格的な門松を作ることができます。

正月を彩る門松を作るため、親子連れを含む約20人が参加し、思い思いの門松を作りました。

門松づくりの様子(写真) 門松づくり集合写真

2017年11月

沖縄県宮古島市 第40回「宮古の産業まつり」

11月25日土曜日、26日日曜日に姉妹都市である沖縄県宮古島市で開催された第40回「宮古の産業まつり」に参加しました。

祭りには板倉区から板倉ふれあいまつり実行委員会1名と総合事務所職員1名が参加し、上越市の特産品である米やそば、酒、ワイン等を販売しました。

多くの人がブースを訪れ、特産品は早々に完売しました。遠い宮古島の地で、上越市板倉区の宣伝をするとともに交流を深めました。

祭の様子(写真) 販売の様子(写真)

群馬県板倉町 第8回「南部公民館まつり」

11月12日日曜日に姉妹都市である群馬県邑楽郡板倉町で開催された第8回「南部公民館まつり」に参加しました。

祭りには板倉区からどうがたの郷特産物生産組合3名と総合事務所職員2名が参加し、板倉区の特産品であるそば粉やふきんとみそ、きゃらぶき、切り餅等を販売しました。

快晴の下、売れ行きは良好で特産品は早々に完売しました。遠い地で上越市板倉区の宣伝をするとともに交流を深めました。

販売の様子(写真) まつりの様子(写真)

板倉ふれあいまつり

11月4日土曜日、5日日曜日の2日間に渡り、板倉農村環境改善センターで「板倉ふれあいまつり」が開催されました。

初日はあいにくの雨模様でしたが、2日間で約4,900人が参加し、テージイベントや駅伝大会、文化展等様々な展示や催しが行われ、大いに盛り上がりました。

5日のステージイベントでは、姉妹都市である宮古島市の「福里クイチャー保存会」から沖縄伝統芸能クイチャーを披露していただき、祭りに花を添えていただきました。

はしごのぼり(写真) そば打ち体験コーナー(写真)

まつりの様子(写真) 駅伝大会(写真)

ステージイベントの様子(写真) 働く車コーナー(写真)