トップページ > 組織でさがす > 自治・地域振興課 > 平成24年度地域活動フォーラムを開催しました

平成24年度地域活動フォーラムを開催しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年6月18日更新

 市では、地域活動支援事業を活用し、各地域で取り組まれた自主的・自発的な活動を紹介するとともに、集落の後継者や担い手不足からコミュニティの存続が危ぶまれている中山間地域の振興に焦点を当て、身近なまちづくり、地域活動の活性化について考える地域活動フォーラムを開催しました。

地域活動フォーラムチラシはこちら [PDFファイル/350KB]

 第1部では、市民全体で中山間地域を支え、振興することの必要性について考える機会となるよう、熊本県水俣市「水俣市久木野ふるさとセンター「愛林館」」の沢畑亨館長から中山間地域の公益性に焦点を当てたお話をしていただきました。
 第2部では、地域活動支援事業採択事業の取組内容や実施の成果、今後の展望や課題等について採択団体(金谷区、有田区、大潟区、中郷区)から報告がありました。

地域活動フォーラムの記録はこちら [PDFファイル/562KB]

 地域活動フォーラム開始前の様子(写真)  地域活動フォーラムパネル展示の様子(写真)
       「さとまる」がお出迎え                      中山間地域のパネル展示

 地域活動フォーラム基調講演の様子(写真)  地域活動フォーラム事例発表の様子1(写真)
        基調講演の様子                         事例発表の様子(1)

 地域活動フォーラム事例発表の様子2(写真)  地域活動フォーラム事例発表の様子3(写真)
        事例発表の様子(2)                       事例発表の様子(3)
 
 地域活動フォーラム事例発表の様子4(写真)
        事例発表の様子(4)

日時・会場

 日時:平成24年12月16日(日曜日) 午後1時30分~午後3時50分
 会場:リージョンプラザ上越コンサートホール(上越市下門前446-2)

内容

第1部 基調講演

 演題:「森と棚田のめぐみはタダですか? 上流社会から考えるみんなの暮らし」
 講師:沢畑 亨氏(熊本県水俣市久木野ふるさとセンター「愛林館」館長)

講師プロフィール
 東京大学農学系大学院林学専攻修士課程修了。
 昭和63年西武百貨店に入社。同百貨店を退社後、自営業を経て、平成6年水俣市の山村部久木野地区の村おこし施設 「愛林館」の全国公募で館長に選ばれ就任。
 水俣市環境審議委員、熊本県地域づくりコーディネーター、熊本大学非常勤講師などを務める。総務省過疎対策室調査委員の経験も有。NHKラジオ第1放送「ラジオ深夜便  日本列島くらしのたより」に2年間出演。
 愛林館を拠点に都市と農山村をつなぐ諸活動を展開している。
 主な著書に「森と棚田で考えた」(不知火書房)など。

第2部 地域活動支援事業を活用した事例発表

 採択事業の取組内容や実施の成果(当初の狙いの達成状況等)、今後の展望や課題等について、4団体より報告していただきました。

滝寺まちづくり協議会(金谷区)

  発表者:市川 義夫 氏、牛木 一磨 氏

  • 耕作放棄水田の維持管理と有効活用及び自然公園の整備事業(平成22年採択)
  • ミズバショウ自生地及び愛の風公園とその周辺の保全事業(平成23年採択)
  • 滝寺自然公園整備と環境保全・保護活動事業(平成24年採択)

有田こどもフェスタ実行委員会(有田区)

  発表者:青木 ユキ子 氏

  • 有田こどもフェスタ事業(平成23、24年採択)

鵜の浜温泉観光組合(大潟区)

  発表者:近藤 誠一 氏

  • 鵜の浜温泉軽トラック市事業(平成22、23、24年採択)

中郷商工会青年部(中郷区)

  発表者:宮崎 工 氏

  • 上越市中郷区イメージキャラクター事業(平成23、24年採択)