トップページ > 組織でさがす > 自治・地域振興課 > 地域おこし協力隊員 柿崎区黒川・黒岩地区で活動開始

地域おこし協力隊員 柿崎区黒川・黒岩地区で活動開始

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月31日更新

 平成28年10月3日、村山市長からエミリオ隊員に辞令交付が行われました。

 エミリオ隊員は、スペインのグラナダ出身。愛知県名古屋市で3年間暮らした後、今回、地域おこし協力隊への応募をきっかけに、家族で柿崎区に移住しました。
 活動地域から海が見渡せる眺めが大変気に入っていて、雪深い地域の暮らしも「大丈夫です。」と笑顔で話します。
 活動の中心は農業支援で、初めての土地で覚えることもたくさんありますが、人懐こい笑顔が魅力のエミリオさんは、早速、農作業や地元の暮らしに馴染んでいます。

辞令交付の様子(写真)関係者と集合写真

地域おこし協力隊とは、総務省の制度を活用したもので、人口減少や高齢化が進んだ地域が、都市地域等の人材を受け入れ、地域おこし活動の支援や農林漁業の応援、住民の生活支援など「地域協力活動」に従事してもらい、あわせてその定住・定着を図りながら、地域の活性化に貢献するものです。
参考 総務省 地域おこし協力隊・集落支援員・外部専門家(外部リンク)