上越市自治基本条例

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年2月24日更新

 市町村合併以来、約3年にわたり、公募市民を中心に策定に取り組んできた「上越市自治基本条例」が、平成20年3月の市議会定例会で議決され、4月1日から施行されました。
 この条例は、本市における自治の基本理念や、自治の担い手の権利・権限や責務等、さらには市政運営の仕組みなどを定める、本市の自治の基本となる条例です。
 市では、この条例を市民・市議会・市長が共有することによって、一層の自主自立のまちづくりを推進することを目指しています。

 上越市自治基本条例施行記念フォーラムを開催しました

 市民投票制度がスタートしました

規定内容

 上越市における自治の基本となる事項を、前文と45条の条文により総合的・体系的に規定しています。
 平成25年9月30日に議員発議により出資法人に関する規定を本条例第27条として追加する内容の条例改正が議決され、同日に公布、施行しました。

条例の全体構成

上越市自治基本条例の全体構成(画像)

上越市自治基本条例が制定されるまで

詳しくは、「上越市自治基本条例が制定されるまで」のページをご覧ください。

制定後の取組

 条例の施行後は、市民フォーラムの開催や、条例を分かりやすく解説したパンフレット [PDFファイル/3.85MB]の発行等を通じて、この条例が自治・まちづくりの中で活用されるよう市民への普及啓発を図ります。

 また、この条例の制定を受け、以下のとおり条例等の制定・改正を行いました。

  • 上越市市民投票条例の制定(平成21年10月1日施行)
    市民投票に係る手続きを条例化し、制度がスタートしました。
  • 上越市地域自治区の設置に関する条例の一部改正(平成21年10月1日施行)
    合併前上越市の区域に15の地域自治区を設置することを新たに規定しました。
  • 上越市パブリックコメント条例の制定(平成21年4月1日施行)
    要綱で定めていたパブリックコメント制度を条例化しました。
  • 既存の条例等の一部改正(平成21年4月1日施行)
    審議会等の委員の選任について市民公募規定を整備するなど、既存の条例等と自治基本条例の整合を図るため、条例等の一部を改正しました。

条例についての出張説明会

 市担当者が、この条例に関心をお持ちの皆さん(町内会、団体、グループなど)のところに伺い、説明をします。ご希望の際は、お気軽にお声がけください。(詳しくは、自治・地域振興課までお問い合わせください)