トップページ > 組織でさがす > 人権・同和対策室 > 「第33回人権啓発研究集会」参加者募集

「第33回人権啓発研究集会」参加者募集

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月3日更新

人権に関心のある皆さんを対象に、具体的な人権と人権啓発の実践について学習・交流・研究することを目的とした研究集会です。

詳しくは、チラシをご覧ください。チラシ [PDFファイル/402KB]

とき・ところ

 全体会:平成31年2月6日(水曜日)午後1時~午後5時・朱鷺メッセ 展示ホール
 分科会:平成31年2月7日(木曜日)午前9時~午後2時45分・新潟県民会館、新潟音楽文化会館、新潟テルサ

内容

全体会(午前11時30分受付開始)

  1. オープニング:佐渡春駒舞踊
  2. 開会行事:主催者・来賓挨拶等
  3. 講演
    (1)「新潟県の部落解放運動の歩みと課題」 部落解放同盟新潟県連合会執行委員長 長谷川 均
    (2)「憲法の未来」 首都大学東京教授 木村 草太

分科会(午前8時30分受付開始)

分科会1(会場:新潟県民会館 大ホール)

  • 「「全国部落調査」復刻版裁判の経過と「部落差別解消推進法」具体化の課題」 部落解放同盟中央執行副委員長 片岡 明幸
  • 「ネット上の差別の規制と被害者救済」 武蔵野大学名誉教授 佐藤 佳弘
  • 「私と沖縄問題」 琉球新報社北部支社報道部記者 阪口 彩子

分科会2(会場:新潟県民会館 小ホール)

  • 「新潟水俣病公表53年、闘いの歩みと課題」 新潟水俣病共闘会議幹事長 高野 秀男
  • 「福島原発避難者いじめの現状と課題」 地元報告(調整中)
  • 「ハンセン病問題と家族訴訟裁判の経過」 弁護士 徳田 靖之

分科会3(会場:新潟音楽文化会館 ホール)

  • 「新潟市における障害者差別解消条例制定の経過、その現状と課題」(パネルディスカッション)
  • 「上越市人権条例成立の経過と課題」 元上越市議会議長 石平 春彦
  • 「新発田市の同和行政と隣保館の取り組み」 新発田市隣保館館長 新保 勇三

分科会4(会場:新潟テルサ ホール)

  • 「LGBT問題と同性婚をめぐる国際的動向」 LGBT法連合会共同代表 池田 宏
  • 「ヘイトスピーチ裁判判決と外国人差別解消への課題」 京都弁護士会弁護士 上瀧 浩子
  • 「人権問題としてのセクシュアルハラスメント」 大阪国際大学准教授 谷口 真由美

参加費

 6,000円(資料代を含む)

申込方法

 平成31年1月25日(金曜日)までに、下記事務局へ直接申し込んでください。

お問い合わせ

 詳しくは、事務局に問い合わせてください。

 第33回人権啓発研究集会現地実行委員会事務局(部落解放同盟新潟県連合会内)電話:025-288-5110/ファックス:025-288-5112