トップページ > 組織でさがす > 観光振興課 > 地域経済活性化フォーラムが開催されました

地域経済活性化フォーラムが開催されました

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月16日更新

 財務省関東、北陸の両財務局が主催する地域経済活性化フォーラムが下記のとおり当市で開催されました。フォーラムには北陸新幹線沿線8市町の首長のほか、金融機関や経済団体など約140人が参加し、「北陸新幹線を活用した観光連携 広域連携を生かした観光振興等による交流人口の拡大に向けて」をテーマに議論が交わされました。

日時

4月18日(火曜日)午後2時30分~午後5時30分

会場

デュオ・セレッソ 3階 サンセール

参加機関

上越市、糸魚川市、妙高市、魚津市、黒部市、入善町、朝日町、大町市、飯山市、白馬村、小谷村、新潟県、富山県、長野県
上越商工会議所、糸魚川商工会議所、新井商工会議所、魚津商工会議所、黒部商工会議所、入善町商工会、朝日町商工会、大町商工会議所、飯山商工会議所、小谷村商工会
第四銀行、北越銀行、大光銀行、上越信用金庫、新井信用金庫、糸魚川信用組合、北陸銀行、富山銀行、富山第一銀行、にいかわ信用金庫、八十二銀行、日本政策投資銀行、日本政策金融公庫、商工組合中央金庫、信金中央金庫
地域経済活性化支援機構、日本観光振興協会、東日本旅客鉄道株式会社新潟支社・長野支社、西日本旅客鉄道株式会社金沢支社、えちごトキめき鉄道株式会社、富山地方鉄道株式会社、あいの風とやま鉄道株式会社、北陸信越運輸局(順不同)

結果概要

 各首長による地域が抱える課題説明で、村山市長は「上越妙高駅の利用者数は順調に推移している一方、市内に滞在する旅行客が少ない、駅から離れた地域への波及効果が低いなどの課題が見えてきた」と述べました。

 金融機関からは、独自のデータ分析による観光振興策への事業提案や移住・定住へと発展した好事例の紹介などがあり、参加者は各地域の発展に向け、広域連携による誘客促進に取り組むことを確認しました。

当日の様子

村山市長(写真)

地域が抱える課題説明:村山市長