トップページ > 組織でさがす > 環境保全課 > 1月18日 上越地域の「地盤沈下注意報・警報」発令状況

1月18日 上越地域の「地盤沈下注意報・警報」発令状況

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月18日更新

現在、上越地域においては「地盤沈下注意報・警報」の発令はありませんが、引き続き地下水の節水にご協力をお願いします。

観測井による最新の観測結果

観測値は、平成30年12月1日(基準日)から現在までの低下量および収縮量です。

観測値(1月18日午前10時)

高田公園観測井(上越市本城町)

高田G2観測井(上越市栄町)

地下水位低下量

-3.92メートル

-3.74メートル

地層収縮量

-1.15センチメートル

-1.55センチメートル

注意報発令基準

水位の低下量が5メートルを超えたとき水位の低下量が6メートルを超えたとき

 注意報解除基準(注1)

水位の低下量が4メートル未満

水位の低下量が5メートル未満

   警報発令基準(注2)

水位の低下量が7メートルを超えたとき

水位の低下量が8メートルを超えたとき
   警報解除基準(注2)

水位の低下量が5メートル未満

水位の低下量が6メートル未満

今後の降雪状況により「地盤沈下警報」が発令された場合は、消雪パイプが設置されている一部の道路について、機械除雪への切り替えや井戸のバルブを閉め散水量を減らすなどの対応を行います。

(注1)観測井の地下水位の低下量が解除基準に達し、気象状況(大雪注意報・警報の発令状況)を考慮して注意報を解除します。

(注2)観測井の地下水位の低下量が発令基準、解除基準に達し、地層収縮量及び気象状況(大雪注意報・警報の発令状況)を考慮して警報を発令、解除します。

地下水の節水にご協力を

地盤沈下を防止するため、消雪パイプ等で地下水を利用されている方は揚水量50パーセント削減を目標とし、地下水の節水にご協力ください。

  1. 地下水を必要以上に使わない(バルブを絞って散水の勢いを適正にしましょう)
  2. 地下水を出しっ放しにしない(雪がやんだり、駐車場の雪が消えたら、こまめにポンプの電源を切りましょう)
  3. 地下水だけに頼らない(消雪を地下水だけに頼るのではなく、機械除雪や人力除雪を可能な限り併用しましょう)
  4. 地下水を再利用する(地下水の再利用に努めましょう)

上越地域地盤沈下緊急時対策

地盤沈下の防止を図るため、地下水位及び地層収縮量を監視しています。また、「地盤沈下注意報」や「地盤沈下警報」が発令された場合には、広報車等により事業場及び市民の皆さまにお知らせするとともに、地下水の節水についてご協力をお願いします。

上越地域地盤沈下緊急時対策の概要のほか、注意報・警報の発令区域、発令及び解除の基準、観測地点については、「上越地域地盤沈下緊急時対策」のページ をご覧ください。