トップページ > 組織でさがす > 契約検査課 > 上越市入札監視委員会の概要

上越市入札監視委員会の概要

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年5月8日更新

入札監視委員会について

設置目的

「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」の趣旨を踏まえ、本市の入札及び契約手続における客観性及び透明性の向上並びに公正性の確保を図るため上越市入札監視委員会を設置しています。

所掌事項

  1. 本市が発注した工事等の契約の実施状況について報告を求め、報告を求めたうちから一般競争入札に係る入札に参加する資格の設定の理由及び経緯、指名競争入札に係る指名の理由及び経緯並びに随意契約とした理由等について審議を行うこと:定例会議
  2. 本市が発注した工事の入札及び契約手続及び指名停止等措置並びに工事成績評定についての再苦情(苦情の申立てに対する回答に不服がある者が再度申し立てる苦情をいう。)について審議を行うこと:再苦情処理会議
  3. その他、委員会が必要と認める事項について審議を行うこと

組織

6人以内の委員で組織  上越市入札監視委員会委員名簿

委員の任期

2年

会議

  • 定例会議は、4か月に1回の割合で開催
  • 再苦情処理会議は、随時開催
  • 会議は、原則公開

過去の会議の開催状況

 会議録及び会議資料をご覧になりたい方は開催日をクリックしてください。

平成27~28年度

平成25~26年度

平成23~24年度

入札監視委員会に関する規定